【山善 防災バッグ30レビュー】とにかく安い防災セット【YBG-30R】

山善防災バッグ30

とにかく安い防災セットの「山善 防災バッグ30(YBG-30R)」。

最大のメリット・デメリットは、この2つ。

山善 防災バッグ30

  • 【メリット】とにかく安い(3~4,000円台から買える)
  • 【デメリット】必須アイテムが入っていないものがある
100均と同程度の防災グッズを、同程度の価格で一気に揃えられる魅力はあります。

詳細は下でまとめていますが、まずは全アイテムのざっくりレビューから。

「山善 防災バッグ30」を実際に持って・背負ってみた

山善 防災バッグ30 リュックを背負っているところ

コンパクトなので背負いやすく、約2kgという女性、お年寄りでも背負えるのが魅力。

山善 防災バッグ30 リュックを背負っているところ

ショルダーストラップのクッション性はさほどありませんが、価格を考えると十分です。

山善 防災バッグ30 リュックのショルダーストラップ

背負う、持つの2WAY。

山善 防災バッグ30 リュックを持っているところ

山善 防災バッグ30 リュックを持っているところ

目次へ戻る

山善 防災バッグ30(YBG-30R)全アイテムをレビュー

山善 防災バッグ30の全アイテム

全30アイテム。

山善 防災バッグ30を開けたところ

2割くらいは空きスペースがありますので、もう少し自分のものを追加できます。

リュックサック

山善 防災バッグ30のリュック

サイズはおよそ幅32×奥行43×高さ16cm。

山善 防災バッグ30のリュック背中部分

色は「レッド」(ブラックもあり)ですが、濃い赤~オレンジという印象です。

山善 防災バッグ30のリュック側面

ポケットはフロントの1か所。

山善 防災バッグ30 リュックのポケット

容量はサイズからざっくり計算すると、およそ22L。

山善 防災バッグ30のリュック内側

フック(取り外し可能)がついていますので、玄関のスタンドや、クローゼットに掛けることもできます。

なるべく玄関に近いところで保管することをおすすめします。
山善 防災バッグ30のフック

目次へ戻る

2WAY 懐中電灯

懐中電灯のパッケージ

懐中電灯とランタン両方の使い方ができる「2WAY懐中電灯」。

懐中電灯のライト

懐中電灯のランタン機能

使用する単三電池3本は別で用意する必要があります。

購入してそのまま置いていたら電池がなくて使えませんので注意してください。

緊急用ホイッスル

ホイッスル

これがないとはじまらないホイッスル。

ホイッスル

首から下げられるのがベストですが、フック付きなので、前もってリュックに付けておいてもいいですね。

ホイッスルをリュックにつけたところ

2WAYドライバー

2WAYドライバーセット

差し替えてプラスとマイナス両方使える「2WAYドライバー」。

2WAYドライバーセット

目次へ戻る

ミニカッターナイフ

カッターナイフのパッケージ

十徳ナイフのようなマルチツールがあるとベストですが、カッターナイフも使う機会があるアイテムです。

カッターナイフ

圧縮袋

圧縮袋

衣類などの空気を抜いて圧縮できる袋。

下着や赤ちゃんのオムツを入れておくのもいいですね。

予備袋(小銭入れ)

予備の袋

災害時は停電やシステム障害でキャッシュレス決済ができない場合がありますので、あらかじめ「お札」「硬貨」で数千円程度の現金を用意しておくと安心です。

筆記用具セット(A6ノート1冊+ボールペン1本)

筆記用具

平時にはスマホにメモできますが、災害時にはアナログでの準備が必要です。

目次へ戻る

歯ブラシ3本

歯ブラシ3本

歯磨きはお水がないと難しいので、欲を言うと水のいらない「歯磨きシート」がいいですが、水がある場合に使える歯ブラシもあるに越したことはないですね。

綿棒20本

綿棒

あわせてアルコール消毒液も用意しておきたいです。

マスク3枚

マスク3枚入り

いまや必須の感染症対策、場所を取らないので数枚追加してもいいですね。

携帯トイレ3個

携帯トイレ

どこに避難するかにもよりますが、必ず持っておきたい携帯トイレ。

平時にはコンビニに駆け込むこともできますが、災害時には休業していることもありますので、これは必須中の必須です。

目次へ戻る

ポリ袋45L 3枚

ポリ袋

ゴミ袋、汚物袋、さまざまな使い方ができます。

私のおすすめは、まず袋を1枚使って全アイテムをその中に入れて、その袋をリュックに入れるというもの。

リュックは撥水しても、防水ではありませんので、中身を濡らさないために、このやり方は有効だと思います。

袋に穴を空けてかぶれば簡易的なレインポンチョにもなりますが、レインポンチョは別で用意されています。

レインポンチョ

レインポンチョ

避難時には、着替えがほぼありませんので、レインポンチョ・レインコートは必要です。

このレインポンチョは透けますので、トイレや着替えの目かくしとしては使うことができません。

アルミブランケット

アルミブランケット

防寒対策の防災グッズとして有名なアルミブランケット。

軽くてかさばらず熱を逃がさないので、重宝します。

目次へ戻る

アルミシート

アルミシート

こちらは厚みのあるアルミ素材のシート。

避難所に避難した場合でもこれがあると底冷え対策になりますし、多少のクッション性もあって便利です。(畳んでもちょっと大きいのが玉にキズ)

エア枕

エアー枕

避難時の睡眠対策グッズ。

災害時は、環境も状況も大きく変わり、ストレスを感じて睡眠がとりづらくなりますので、荷物に余裕があったら、エア枕に加えて寝袋や耳栓・アイマスクなども用意したいです。

EVAサンダル

サンダル

避難所でもスリッパ代わりに使えるサンダル。

体育館で裸足だと冷たいですし、靴下・靴が濡れてもサンダルがあれば不快な思いをしなくて済みます。

非常用給水バッグ

ウォーターバッグ

給水車から水をもらう時や、山に近いところなら湧き水を汲む時にも使えます。

目次へ戻る

紙皿3枚、プラカップ5P、割り箸5膳、スプーン・フォーク

紙皿、プラコップ、割りばし、スプーン、フォーク

食器の簡易セット、こういったものが入っているので、この防災セットが家族に1つあると使えるなと感じます。

ラップ、アルミホイル

アルミホイル、ラップ

上で紹介した食器にラップをかぶせて使えば洗う必要がありません。

ラップはケガをした時の止血や腕を吊ることにも使えます。

ティッシュ

ティッシュ

ポケットティッシュではなく通常のティッシュですので、これくらいのサイズ・量があると家族でしっかり使えますね。

ボディタオル

タオル

タオルがないと手を洗っても顔を洗っても、濡れて避難所に駆け込んでも拭くものがありませんので、1人1枚は持っておきたいです。

目次へ戻る

お薬ケース

薬ケースのパッケージ

持病のある方やお年寄りの方は、いつでも持ち出せるように薬を準備しておきたいです。

薬ケース

ラバー手袋

ラバーグローブ

避難時や避難後の作業時に使える手袋。

冬場の寒い時期には防寒対策としても使えそうです。

布テープ

ガムテープ

ちょっと場所を取りますが、固定、接着など、さまざまな用途が考えられます。

目次へ戻る

山善 防災バッグ30の全アイテムリスト

山善 防災バッグ30の全アイテム

全アイテム
リュックサック(およそ幅32×奥行43×高さ16cm)
2WAY 懐中電灯
緊急用ホイッスル
2WAYドライバー
ミニカッターナイフ
圧縮袋(350×420mm)
予備袋(小銭入れ)
筆記用具セット(A6ノート1冊+ボールペン1本)
歯ブラシ3本
綿棒20本
マスク3枚
携帯トイレ3個
ポリ袋45L 3枚
紙皿3枚
プラカップ5P
割り箸5膳
スプーン・フォークセット
ラバー手袋
お薬ケース
布テープ
レインポンチョ
EVAサンダル
アルミシート
アルミブランケット
エア枕
非常用給水バッグ
ラップ
アルミホイル
ボディタオル
ティッシュ

目次へ戻る

山善 防災バッグ30のメリットとデメリット

山善 防災バッグ30 リュックを背負っているところ

メリット

  • 安い(3~4,000円台から買える)
  • 100均で買いまわる必要がない
  • 一家に1つあるとアイテムの幅が広がる

100均で購入を検討されている方におすすめ

100均の防災グッズを検討されている方もいらっしゃると思います。

100均で防災グッズを買うなら、品揃えの多いダイソー・セリアの大型店に行く必要があります。

大型店でも、物によって、タイミング(災害の後など)によっては品切れの場合があり、メモを見ながら「これはある、これはない」と確認して、複数の店舗を探し回る必要が出てきます

近所の100均ではなく大型店だけを選んでまわって、不足分は後日また出掛けていって、となると骨が折れますね。(実際経験もしました)

「山善 防災バッグ30」は100均にあるものと「同程度のものが同程度の価格」で手に入るため、一気に揃えられるメリットがあります。

目次へ戻る

メジャーな防災セットに入っていないものがある

山善 防災バッグ30の全アイテム

例えば、圧縮袋やサンダル、薬ケースなどは、他の防災セットにはあまり入っていません。

プラコップなどの簡易食器も同じで、100均で買って追加はできますが、「防災バッグ30」には最初から入っています。

家族分の1つを「山善 防災バッグ30」にすることで、持ち出すアイテムの幅を広げられるメリットがあります。

デメリット

デメリットはこの一点に尽きます。

単価の高いもの・必須アイテムが入っていない

  • 手回し充電ラジオライト(ラジオ)
  • 保存水
  • 非常食
「これは別で持っている」「用意する」という方には影響ありません。
手回し充電ラジオライト

ダイナモラジオライト

「山善 防災バッグ30」には「乾電池式の懐中電灯」が入っていますが、こちらは「手回し充電ラジオライト」に比べ、「ラジオ」「手回し充電機能」「モバイルバッテリー機能」などがありません。

「手回し充電ラジオライト」は安くても3,000円程度することが多く、この分は少し割り引いて考える必要があります。

情報の取得に「ラジオ」は欠かせませんし、電池がなくなっても充電できる「手回し充電機能」は最後の
とりで
となります。
スマホ対応ダイナモチャージングラジオライトを回しているところ

別で持っている場合はこちらでも構いませんが、持っていない場合は、「手回し充電ラジオライト」が含まれる防災セットを購入する、もしくは単品で追加購入することをおすすめします。

救急セットや体ふきシートもほしいですし、乾電池も別売りなので必要ですね。

手回し充電ラジオライトレビューまとめはこちら。

おすすめ手回し充電ラジオライトおすすめの防災用手回し充電ラジオライト6選【購入レビューあり】
保存水

純アルカリ7年保存水

防災セットには、500mlの「5年保存水」「7年保存水」といったものが2~3本入っていることが大半ですが、「山善 防災バッグ30」には含まれていません。

避難中、避難先でも飲用水は必要なため、別で用意しておく必要があります。

保存水試飲レビューまとめはこちら。

おすすめの保存水(防災備蓄用)まとめと飲み比べ【5年・7年・10年・15年保存】
非常食

SHELTER非常食

防災セットには、水を入れて食べられる長期保存の「アルファ米」や長期保存の「お菓子」が入っていますが、「山善 防災バッグ30」には含まれていません。

必ずしも「お米の非常食」である必要はありませんが、「いつ食べられるかわからない」事態を想定して、長期保存の非常食は防災リュックに入れておきたいです。

非常食実食レビューまとめはこちら。

おいしい非常食をレビューおすすめの非常食・保存食まとめ【実食口コミレビューあり】

仮に安く見積もって「手回し充電ラジオライト」3,000円、「保存水」150円×3本=450円、「非常食」250円×3食=750円としても、4,000円を超える追加予算となるため、セットの安さを手放しで喜べるわけではないかなという印象です。

目次へ戻る

山善 防災バッグ30まとめ

山善 防災バッグ30 リュック

いい面、よくない面、さまざま書いてきましたが、やはり最終的に「安い」というのは大きな魅力で、「安かろう悪かろう」という印象もありません。

足りないものは(結構)あるものの、「防災セットに1万円の予算は割けない」という方でも防災対策を始められるのは大きいです。

今まで用意してなく、「お金はかけられない」という方が手に取りやすい防災セットではありますね。

「山善 防災バッグ30」は、「ないよりあった方がいい」レベルのものではなく、「あった方が断然いい防災セット」であることは間違いありません。

「山善 防災バッグ30」に加え、一家に1つは「内容が充実した防災セット」を用意しておくことをおすすめします。
タイプ別まとめ おすすめ防災グッズ・セットレビュー

タイプ別の防災セットレビューまとめはこちらから。

タイプ別まとめおすすめ防災セット【タイプ別】おすすめ防災グッズ・セットのレビューまとめと比較【実物で検証】

目次へ戻る