【おすすめの防災用笛・ホイッスル使用レビューまとめ】全部吹いてご紹介

防災用ホイッスル

数ある防災グッズの中でも特に優先度の高いホイッスル。

大規模災害時はエレベーター内や崩れた家屋の中など、さまざまな「孤立」が予想されます。

助けを求めるために声を出し続けると消耗しますし、ホイッスルの方が音が伝わりやすく、肌身離さず持っておくと救出の可能性が高まる大事なアイテムです。
ホイッスル6種類

今回は、ホイッスルのレビューに加え、使用例、置いておくべき場所もご紹介していきます。

とにかく安価でサイズが小さいので、いくつ持っていても困りませんよ。

防災用笛・ホイッスルの使用例・保管場所

使用例・保管場所
  • バッグに入れる・着ける
  • 毎日持ち歩く防災ポーチに入れておく
  • ネームホルダーに着ける
  • 車に置いておく
  • 寝室に置いておく

バッグに入れる・付ける

ホイッスルをバッグに入れる・付ける

バッグのキーホルダーやストラップが取り付けられる場所や内ポケットに入れておくといいですね。

子供のバッグにも付ける

コクヨ セーフティホイッスル ティットポイカをバッグに取り付け

ホイッスルは防犯対策にもなりますので、お子さんのバッグ・ランドセルにも付けるおきましょう。

小学校に上がって、常に親と一緒でなく、一人でも行動するようになるタイミングで用意するのがいいですね。

毎日持ち歩く防災ポーチに入れておく

防災ポーチ中身一覧

特におすすめするのがこの「ポーチに入れておく」です。

女性はもちろん、男性も仕事やお出掛けでバッグを変えますので、ポーチを移し替えるといいですね。

毎日持ち歩くポーチの中身一覧はこちら。

防災ポーチ毎日持ち歩く防災ポーチに入れるおすすめの中身リスト【サイズ・重さも重視】

ネームホルダーに付ける

ホイッスルをネームホルダーに付ける

お仕事でネームホルダー(IDカードホルダー)を首から掛けている方は、それにも付けるおくことをおすすめします。

お仕事中も移動しますので、どこで災害に遭ってもいいように対策しておきましょう。

車に置いておく

ホイッスルを車に置いておく

車に置いておく上で大事なのが、「運転席」の周りに置く、掛けておくことです。

車載用防災グッズをトランクに入れておくのはいいと思いますが、狭い車内、事故も含めて身動きが取れないことも想定されます。

ホイッスルは運転席付近、おすすすめは「ウインカー」のレバーもしくは「ワイパー」のレバーに掛けておく、です。

ホイッスルをトイレに置いておく?
トイレは地震でドアが開かなくなった場合に、特に単身住まいの方が孤立する場所のひとつです。

ただ、マンションなど機密性・防音性の高い建物の場合、ホイッスルを吹いてもなかなか外に伝えるのは難しいです。

マナーやモラル、衛生上どうかと思いますが、外部と連絡を取るという点では、携帯電話の方が役立ちます。(ホイッスルもあるに越したことはありません)

目次へ戻る

おすすめの防災用笛・ホイッスル

ホイッスル7種類

ラピタ蓄光ホイッスル(95デシベル)

ラピタ蓄光ホイッスル

防災トップメーカー「LA・PITA」の蓄光ホイッスル。

「日本音響研究所」監修という、ホイッスル1つを取っても抜かりない商品開発がされています。

ラピタ蓄光ホイッスルの蓄光部分

特長は、暗いところで光る蓄光機能がある点。

ラピタ蓄光ホイッスル側面

90~100デシベルは、「騒々しい工場の中」「大声による独唱」「犬の鳴き声(正面5m)」「電車が通る時のガード下」に相当するとされています。

ラピタ蓄光ホイッスルの吹く部分

ラピタ蓄光ホイッスル着用

ラピタ蓄光ホイッスルを子供が試し吹き

ピューという音で「キツイ高音」がよく響きます。

蓄光ホイッスルが入ったLA・PITAの防災セットレビューはこちら。

コクヨ 防災用救助笛「防災の達人」ツインウェーブ

コクヨ防災用救助笛ツインウェーブ

防災グッズも手掛けている文具メーカー「コクヨ」の「防災用救助笛 防災の達人 ツインウェーブ」。

コクヨ防災用救助笛ツインウェーブ側面

特長は、3200Hzと4800Hzの2種類の音を同時に出せることと清潔に使える「キャップ付き」である点。

フタを外して
コクヨ防災用救助笛ツインウェーブのフタ
ネームホルダーのストラップに装着
コクヨ防災用救助笛ツインウェーブのフタをネームホルダーのストラップに装着

コクヨ防災用救助笛ツインウェーブ吹く部分

コクヨ防災用救助笛ツインウェーブ着用

おしゃれなデザインは「チェリーピンク×ブルー」「ライムグリーン×ブルー」の2種類。

コクヨ防災用救助笛ツインウェーブを子供が試し吹き

2種類の音が同時に鳴り響き、こちらもピューっというキツめの高音です。

【子供用】コクヨ セーフティホイッスル (Tytto Poika ティットポイカ)LSK-WS100

コクヨ セーフティホイッスル ティットポイカ

子供向け「コクヨ セーフティホイッスル (Tytto Poika ティットポイカ)LSK-WS100」。

人の耳に聞こえやすい2つの周波数(3,000~5,000Hz)の音を同時に発生させる仕様です。

コクヨ セーフティホイッスル ティットポイカのフタ

こちらも衛生的に使えるフタ付きで、フタを外してストラップなどに通すことができます。

コクヨ セーフティホイッスル ティットポイカを娘が吹いていところ

上でご紹介した大人用の「ツインウェーブ」と同じく、4歳の娘が吹いても、指笛のキーをさらに上げてキツくしたような高音が鳴り響きます。

おしゃれなデザインは「チェリーピンク×ブルー」「ライムグリーン×ブルー」の2種類。

PolySky ホイッスル

polyskyホイッスル

登山・アウトドアの雰囲気があるPolySky ホイッスル。

polyskyホイッスル側面

特長は、男性に好まれそうな無骨なデザインと金属製(写真はアルミ製)であることが感じられる、耳に響く鳴り。

polyskyホイッスルの吹く部分

撮影できていませんが、ネックストラップもついています。

polyskyホイッスルを子供が吹いているところ

こちらも「ピュー」という、遠くに響くような鋭い音が鳴ります。

アーテック 緊急呼子笛

アーテック緊急用呼子笛

アーテック緊急用呼子笛。

アーテック緊急用呼子笛側面

赤十字のデザインと、丸いフォルムが特長です。

アーテック緊急用呼子笛のIDカード

回すと中にIDカードが入っていますので、書いて持ち歩いておけば、救助後の家族への連絡などが円滑に行える仕様です。

アーテック緊急用呼子笛の吹く部分

こちらも写真は撮れていませんが、ネックストラップがついています。

アーテック緊急用呼子笛を子供が試し吹き

こちらは、「ピーッ」という高い音でしっかり鳴りますが、個人的には他のホイッスルの音の方が「耳障り」で、こちらは少し上品な印象を受けました。

molten PEホイッスル黒(RA0050-K)

moltenホイッスル(RA0050K)

molten PEホイッスル黒(RA0050-K)。

moltenホイッスル(RA0050K)側面

体育の先生や審判、交通誘導などで使用されているタイプのホイッスル。

moltenホイッスル(RA0050K)吹く部分

moltenホイッスル(RA0050K)着用

本体が厚く奥行きがあるからか音が大きく、これまでご紹介してきたものと比べ、きれいな音色で「ピュルルルー」という上下に音の振れ幅を感じます。

moltenホイッスル(RA0050K)を子供が試し吹き

これまでにご紹介してきたホイッスルとタイプが異なるため、いくつか持っておくうちの一つをこのタイプにするというのもありですね。

molten ホイッスル(WHIBK)

moltenホイッスル(WHIBK)

こちらも競技用として使われることの多い「molten ホイッスル(WHIBK)」。

moltenホイッスル(WHIBK)側面

数百円の価格差ですが、上でご紹介した「molten PEホイッスル黒(RA0050-K)」よりも少しリーズナブルな価格です。(紐も安価な印象ですね)

moltenホイッスル(WHIBK)吹く部分

moltenホイッスル(WHIBK)着用

moltenホイッスル(WHIBK)を子供が試し吹き

「molten PEホイッスル黒(RA0050-K)」と比べて遜色ない音の大きさ、音色。

安価なので、事業所での備蓄や従業員への配布として「まとめての購入」に適しています。

目次へ戻る

おすすめの防災用ホイッスルまとめ

ホイッスル6種類

後紹介した防災用ホイッスルとmoltenの競技用ホイッスル、この2種類の違いはありますが、どれを吹いても音が大きく、しっかりと響くものでした。

冒頭でもご紹介しましたが、ホイッスルは1つだけではなく、「持ち歩き用」、「オフィス・仕事用」、「車載用」といくつか持っておくべきです。

ホイッスルは「必須の防災グッズ」の中でも1、2番に安価なので、揃えやすいですね。

音質、音量、吹き方による違い、響きなど、どうしても説明しきれない部分が多いので、まずは「いくつかの種類を1人分購入」して、実際に吹いてみた後、「気に入ったもので家族分を揃えていく」というのもありですよ。

「毎日持ち歩く防災ポーチ」や防災セットを用意されていない方は、下記の記事もご覧ください。

毎日持ち歩く防災ポーチの中身一覧はこちら。

防災ポーチ毎日持ち歩く防災ポーチに入れるおすすめの中身リスト【サイズ・重さも重視】

我が家が持っている6つの防災セットレビューまとめはこちら。

おすすめ防災グッズのランキング&比較レビュー!【我が家も購入済み】

目次へ戻る