停電対策はこちらから

運営者について

運営者について

このサイトを作ることになったきっかけ

「ソナエテ」をご覧いただきまして、ありがとうございます。

こんなページまで見ていただけて、サイト作成者冥利に尽きます。

このサイトを作ることになったきっかけは大きく3つあります。

「ソナエテ」立ち上げのきっかけ
  1. 自然災害が不定期に起きている
  2. 近隣国との関係が悪化しているように感じる
  3. 防災グッズの情報がバラバラで、どれを参考にすればいいのかわからない

自然災害が多い

2000年以降を振り返っても、新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震や大雨による被害、山崩れなど枚挙に暇がありません。

災害は起きる度に、防災対策が話題になりますが、一過性のもので、一定の期間が経つと話題にも上がらなくなってしまいます。

このサイトが防災行動を取る方の背中を少しだけ押して差し上げることで、今後災害があった時に、その被害を最小限にしたり、災害時の不便さを解消できたり、ひょっとしてひょっとしたら命を救うことがあったり。

災害が起きなくても、防災グッズを準備することで少しでも安心が手に入るのであれば、このサイトを作る意味があるのではないかと思いました。

経験上、防災グッズを準備していたり、避難時の対策を家族で話し合って決めていれば、最低限の安心が手に入ります。

もし、何か起きても必要以上にパニックにならず、「初動でやるべきことや避難先がわかっている」という安心です。

「安心」できるためには、「持っていて安心できるレベルの防災グッズ」でないといけないと思い、我が家で購入してよかったものを中心に、当サイトではご紹介しています。

近隣国との関係が悪化しているように感じる

今私がこれを書いている時と、今みなさんが読まれている時で状況はきっと変わっていることと思います。

日本が戦火に包まれることは想像つきませんが、日本国民の大多数の方が想定していない分、万が一そのようになった時は、かつてない大混乱になります。

ご高齢のおじいさん、おばあさんを除く、ほとんどの人が日本で有事になった時の経験がないんですよね。

国の指揮を取る方々ですら経験がないので、誰かに頼ることは一旦置いておいて、一個人ができることは防災準備くらいですが、それくらいはしておきたいと考えてきました。

杞憂に終わってほしいですが、どうも混迷の一途を辿るような気がしてなりません。

まず、防災用ヘルメットは必要だと考えています。

ヘルメットかぶってても、ミサイルが飛んできたらどうしようもないでしょ。

防災用ヘルメットはミサイルから頭を守るのではなく、建物から落下する外壁などから頭を守るためのものです。

もちろん、地震などの自然災害が起きた時にも強い味方となってくれます。

ヘルメットは数少ない「命を守る防災グッズ」ですので、用意されておくことを強くおすすめします。

おすすめの防災ヘルメットと選び方について。

おすすめ防災用ヘルメットおすすめ防災用ヘルメットと安全な選び方。通常タイプと折りたたみを比較

防災グッズの情報がバラバラで、どれを参考にすればいいのかわからない

あるところでは「これが必要」と書かれていて、別のところでは「必要ない」と書かれているというのを見たことがある方もいらっしゃると思います。

このサイトでは「なぜ必要なのか」「なぜ必要ないのか」、できるだけ理由も含めて書きました。

また、例えばの話になりますが、被災経験のある方が「避難時にローソクが役に立った」と言えば、「被災経験者が役に立った防災グッズ」としてローソクが推奨されてしまいます。

ローソクは災害時、災害後に火事を引き起こしているため、消防庁が使用を控えるように通達されています。(消防庁の更新されていない古いページでローソクが推奨されていたりもしますが・・・)

権威がある組織や団体、企業の情報でも、考えずにそのまま鵜呑みにするのはおすすめしません。

このサイトも例外ではなく、できる限り精査して間違いないように書いていますが、みなさんで考えていただきたいというのが本音です。

時にはメーカーに問い合わせを行い、商品について確認したり、間違った商品が出回っていることに気づいたこともあります。(そういった商品は紹介していませんが実際に販売されています)

できる限り「正しい情報をわかりやすく、読みやすく」を意識して、今後も随時、追加や修正を加えていきます。

このサイトを作る際に気をつけたこと

当初、テーマとしては「楽しく防災を考えよう」という感覚で制作をはじめました。

被災地では今現在も避難生活を送っている方が多くいらっしゃるため、「楽しく」というのは必ずしも適切ではありませんが、まだまだ防災準備をされていない方も多いため、その方々に情報を届けることを考えました。

我が家は、防災対策をはじめてから会話が増えましたし、「家族が助かって、被災してもできるだけ日常に近い形で過ごす」という共通の目標があるため、家族が団結したように感じました。

みなさんも家族で話しあいながら、時には楽しく準備していただければと思います。

とはいうものの

2018年

  • 6月「大阪北部地震(最大震度6弱)」
  • 7月「平成30年7月豪雨(西日本)」
  • 7月「観測史上最高気温41.1度(埼玉県熊谷市)」
  • 9月「台風21号」
  • 9月「北海道胆振東部地震(最大震度7)」史上初のブラックアウト
  • 10月「10月の観測史上最高気温36.0度を記録(新潟県)」

これまでの常識では考えられない自然環境の変化を前に、これからは楽しくのんびり防災準備をしているわけにもいかず、早急に自分や家族の身を守るために動くことが急務となりました。

今までとは確実に違うことを感じますし、「災害の歴史を紐解く必要」と「歴史通りに考えてはいけない」という相対する2つが表裏一体となって、今この日常に接している気がします。

日本人は日本が災害列島であるにも関わらず、防災教育が根付いていないために防災意識が低く、準備がどうしても遅れてしまいます。

私は、悲観的に考えて準備をし、楽観的に生活するように心がけています。

ひとりでも多くの方に、必要な防災グッズをお伝えしたり、防災グッズ選びについてまとめることで、みなさんの時間を省略できればと思い、このサイトを制作してきました。

なにか少しでもお役に立てていれば幸いです。

最後になりましたが、長々とお読みいただきまして、ありがとうございました。

用意した防災グッズがいつまでも使われないことを祈って。

我が家が持っている6つの防災セットをレビューしています。

おすすめ防災グッズのランキング&比較レビュー!【我が家も購入済み】