停電時に役立つ防災・通電火災対策グッズと使うべきでない停電対策グッズ

停電対策で用意すべきもの、使うべきでないもの

令和元年には台風15号が関東を襲い、千葉県の一部では数日から1ヶ月以上経っても停電が続きました。

平成30年北海道胆振東部地震では、道内が停電しブラックアウト、40時間以上が停電が続く地域もりました。

停電対策で用意しておきたいもの、停電時に使うべきでないものもあわせてご紹介します。

まずは、見落としがちな、停電復旧時の火災を防ぐアイテムから。

通電火災対策グッズ

強制的にブレーカーを落として通電火災を防ぐ

地震が起きて避難を行い、電力が復旧して通電した際に出火する火事が多くあります。

これは例えば地震が起きた際に、電気ストーブに布団や書類などが倒れ掛かって、通電した際に引火して火事になるようなケースです。

注意

2019(令和元)年9月の台風15号の被害後に、停電から1週間経った後に復旧した千葉県の家屋で通電火災の疑いがある火災が相次ぎました。(参考:産経新聞

阪神大震災では、火災原因が判明した231件のうち85件が電気による発熱体が原因であるという報告があります。(出典:内閣府防災のページ)(PDF

通電火災を起こさないためにできることは、「ブレーカーを落とす」これだけです。

しかし、災害発生時、被害が大きいことでパニックになって着のみ着のまま飛び出すような時は、「ブレーカーを落とす」ことに意識を向けるのは、平時に考えている以上に難しいです。

問題は、寝ている時、お風呂に入っている時など、いつ何時災害が起きるかわからないということです。

誰でもパニックに陥ってしまいます。

大事です。「災害時でも自分の判断でブレーカーを落とせる」と思ってしまいがちですが、緊急時は身の安全や子供の安全など優先すべきことが出てきますので、「ブレーカーにまで気が回らない」とあらかじめ決めていた方がいいですね。

 

太陽光発電装置があるお宅は、太陽光発電装置のブレーカーも落とすことをおすすめします。

大きな揺れで強制的にブレーカーを落とす「スイッチ断ボール3」

スイッチ断ボール3パッケージ

「スイッチ断ボール3」は、震度5~7程度の揺れで玉が下に落ちることにより、漏電遮断器(ブレーカー)スイッチを自動的に下げ、通電火災を防いでくれるものです。

これ以上ないというくらい原始的な仕組みですが、その分安価で簡単に導入することができます。

高齢者の方は、特にパニックになってしまうことが予想され、ブレーカーを落とすことまでは気が回らないと思います。

大事です。

高齢者を親に持つ方は、ご実家にもこの対策をしてあげておくことをおすすめします。

実家に設置しました
スイッチ断ボール3設置後

「これでスイッチが切れるの?」と半信半疑で、試しに重りの玉を落としてテストしてみましたが、しっかりスイッチが下がって切れましたので、これで通電火災は防げます。
スイッチ断ボール3震度

重りをそのまま乗せると「震度5強」程度で落下、小さいリングをつけて乗せると「震度6」程度で落下、大きなリングもつけて重りを乗せると「震度7」程度で落下して、スイッチが切れる仕組みになっています。

通電火災防止グッズ「スイッチ断ボール3」設置レビューはこちら。

スイッチ断ボール3設置レビュー【スイッチ断ボール3の設置・口コミレビュー】簡単設置で安価な通電火災防止対策

ブレーカーが落ちた時のために、無停電電源装置「CyberPower CP375JP」

CyberPower 無停電電源装置 CP375JP
出典:amazon

上記の「スイッチ断ボール3」を使い、震度5相当の揺れで漏電遮断器(ブレーカー)が落ちるようにできます。

しかし、すぐにブレーカーが落ちると困る場合があります。

例えば、パソコン作業。

ノートパソコンは本体にバッテリーがありますのでしばらく大丈夫ですが、デスクトップ型の場合、そのまま電源が落ちてしまいます。

その際に、役に立つのが無停電電源装置「CyberPower CP375JP」です。

あらかじめ停電時にすぐに電源が落ちると困るものをこれにつなげておくことで、電源が確保できます。

データを保存してシャットダウンする程度の電源は十分にストックされてありますので、デスクトップ環境の方はあらかじめこの無停電電源装置のコンセントにつないでおくことで、大事な作りかけのデータを失うことがありません。

阪神大震災で通電火災が多かった原因の一つは、地震が1月17日という冷え込みの強い乾燥する季節であったことも大きいです。

「通電火災は冬場の災害で起きやすい」ということは、頭に入れた上で対策をしておきましょう。

また、電池は災害が起きてから行列に並んで買うのではなく、平時に余裕を持って準備しておきたいですね。

保存水

保存水

注意

停電になり、停電が続くと、マンションの多くは遅かれ早かれ断水になる可能性が高いです。

マンションの給水方式によりますが、停電=断水と考え、保存水は平時から多めに準備しておくことをおすすめします。

通常のお水をストックして賞味期限前に消費し、そして新たに買い替えるローリングストック法はおすすめしません。

賞味期限を忘れますし、買い替えは面倒ですし、かえって高くつくことも多いです。

我が家で購入した保存水
我が家で購入した保存水たち

何も考えずに、長期保存水をストックするのがベストだと私は思います。

飲用で1日1人2~3リットルをできれば最低1週間分はストックしておきたいです。

保存水レビューまとめはこちら。

防災備蓄用保存水まとめおすすめの保存水(防災備蓄用)まとめと飲み比べ【5年・7年・10年・15年保存】
停電になったら浴槽に水を貯めることも大事です。洗顔や夏場は水風呂で体を冷やすこともできます。

非常食

非常食・保存食

お米やパンはもちろんのこと、停電が続くと栄養バランスが偏りますし、飽きてきますので、おかずやおやつの長期保存食を用意しておきたいです。

おにぎり

尾西食品携帯おにぎり出来上がり写真

「ご飯」の形式よりも「おにぎり」をおすすめするのは、冷たくてもよりおいしく食べられるところ

日本人には「ご飯はあたたかい」「おにぎりは冷たい」という認識があるからか、試食の際に、冷たいおにぎりの方がよりおいしく感じましたので、どちらかなら、ご飯よりもおにぎりを優先したいです。

「尾西のおにぎり」実食レビューはこちら。

尾西食品 携帯おにぎり 5年保存【尾西食品 携帯おにぎり実食口コミレビュー】5年保存アルファ米の冷たくてもおいしいおにぎり もちろんご飯も
尾西食品アルファ米全12種類

尾西の赤飯できあがりお皿に盛った写真

「尾西のアルファ米」実食レビューはこちら。

尾西食品アルファ米レビュー【尾西食品アルファ米の実食口コミレビュー】アルファ米のパイオニア・尾西のご飯【評判】

パン

アキモトPancan写真

3年保存なのに、ふわふわ!

長期保存パンの中で、私はこれが一番おいしいと感じました。

食べた長期保存パンのレビューをまとめています。

長期保存パン実食レビューはこちら。

おすすめのおいしい保存パンおすすめの保存パン(災害備蓄用パンの缶詰・レトルト)【実食口コミレビューまとめ】
ご飯、パンも含めて、長期保存のおかず・お菓子などを食べた実食レビューをまとめています。
流通遮断での野菜不足を補うカゴメ野菜のセット
カゴメ野菜の保存食YH-30全種類

カゴメ野菜の保存食YH-30試食写真

「カゴメ野菜の保存食セット」試食レビューはこちら。

カゴメ野菜の保存食セットYH-30【カゴメ野菜の保存食セットYH-30実食口コミレビュー】災害時の野菜摂取はこれがおすすめ 美味しい防災食
美味しい防災食 試食

災害時には「できるだけいつもの日常に近づける」ことが目標でもあり、大事なことでもあります。

災害時に、食事の面、特におかずに関しては、このようなお惣菜のセットを用意しておくと、家族持ちとしては心強いです。

「美味しい防災食」詳細レビューはこちらから。

美味しい防災食(UAA食品)【美味しい防災食 実食口コミレビュー】文句なしにおいしい!おかずの非常食 黒糖のような香りの井村屋えいようかん(5年6ヶ月保存)
井村屋えいようかん試食写真

井村屋「えいようかん」詳しい実食レビューはこちら

井村屋えいようかん(5年6ヶ月保存)【購入・実食レビュー】【井村屋えいようかん実食口コミレビュー】無添加5年6ヶ月保存でコクがある【アレルギー対応】
ご飯からおやつまで、非常食のレビューをまとめています。

上記を含めた非常食の実食レビューまとめはこちら。

おいしい非常食をレビューおすすめの非常食・保存食まとめ【実食口コミレビューあり】

簡易トイレ

簡易トイレ

停電になるとウォシュレットが使えませんし、停電後に断水になる可能性もあります。

地域一帯が停電・断水になりますので、近くのコンビニでも用を足すことができません。

簡易トイレは、自宅避難に必ず用意しておきたいです。

圧倒的におすすめなのが、驚くほど臭わない「BOS 非常用トイレセット」
凝固剤を入れる

便座を下ろす

吸水後

汚物袋を防臭袋に入れる

「BOS 非常用トイレセット」レビューはこちら。

BOS 非常用トイレセット【BOS 非常用トイレセット使用・口コミレビュー】圧倒的に臭わない簡易トイレ

手回し充電ラジオライト

手回し充電ラジオライト

モバイルバッテリー、ラジオ、懐中電灯機能が1つにまとまった便利なアイテムです。

greadioラジオライト

手回し充電ラジオライトレビューまとめはこちら。

手回し充電ラジオライト防災用手回し充電ラジオライトおすすめ6選【購入レビューあり】

モバイルバッテリー

防災用モバイルバッテリー

スマホ・携帯やタブレットなどの充電用にモバイルバッテリーを持っておくことは必須です。

フィリップス モバイルバッテリー DLP6712N

モバイルバッテリーまとめはこちら。

防災用モバイルバッテリー【薄い/軽い/小さい】防災用モバイルバッテリーおすすめ3選【購入口コミレビュー】

大容量ポータブル電源

LACITAエナーボックスの外観左側面

2019年台風15号では千葉県を中心に停電期間が永く、1ヶ月経っても停電が解消しない地域もありました。

以前は1~2日程度の停電を想定し、モバイルバッテリーまでの準備で十分と思われていましたが、停電が長引くとそれだけでは到底足りません。

扇風機をLACITAエナーボックスで使用

コンセントを挿して家電も使える大容量ポータブル電源を持っておくと安心です。

国産大容量ポータブル電源「LACITA エナーボックス」レビューはこちら。

LACITA エナーボックス ポータブル電源レビュー【LACITA エナーボックス 口コミレビュー】大容量の国産ポータブル電源で防災対策【ペットの防災にも】

ランタン

ランタン

停電は数日に渡ることもありますので、その日数を懐中電灯だけで過ごすのは苦痛です。

家族で懐中電灯1つだと、トイレにも行きづらいですし、リビングにランタン、個別でいくつかライトを用意しておきたいです。

GENTOS(ジェントス)LEDランタンEX-V777D 屋外地面置き例

「GENTOS エクスプローラーEX-V777D」購入レビュー詳細はこちら。

GENTOS(ジェントス)EX-V777D購入レビュー【GENTOS(ジェントス)LEDランタン エクスプローラー EX-V777D口コミレビュー】高品質・明るい・安い!

明かりを取るためにローソクは使わない

ローソクは使わない

安価な防災セットに組み込まれていたり、一部で防災グッズとしておすすめされているローソク。

できる限り使わないようにしてください。

大事です。
実際に停電時にローソクを使用することにより火災が起きており、総務省消防庁も下記のように警告されています。


仏壇がある場合は注意する

お住まいの自宅や実家などに仏壇があるという場合には、日ごろからローソクのストックがあります。

例えば、実家に親だけが住んでいる場合、停電になったらおそらくローソクを出してきて、テーブルなどに置いて使うのではないかと思います。

ローソクなどの裸火は危険なため、事前に実家のご両親へ「停電時に必要な明かり」を準備しておいてあげることをおすすめします。

自宅避難の場合は、ローソクではなく、テーブルに置いて広範囲を照らすランタンがおすすめです。

乾電池

防滴ダイヤルランタン電池

ランタンやラジオなど、電池で動くものが多い以上、乾電池はできるだけ多く用意しておくことをおすすめします。

小さなお子さんがいらっしゃる場合には、心的不安が大きいので、電池式のおもちゃも使えるようにしてあげたいです。

液漏れ防止のものを買う

液漏れした乾電池
液漏れした乾電池

メーカー名は伏せていますが、我が家の電卓に使っていた安価な乾電池は、このように液漏れしていました。

この液が白く固まった粉、とっても臭いですし、何より危険です。

電化製品の回路にまで入ってしまうと、故障したり、発火のおそれもあります。

液漏れ防止の乾電池
パナソニック乾電池EVOLTA

私も含めて、安い乾電池に飛びつきがちですが、安全に長持ちする液漏れ防止の乾電池を使うことをおすすめします。

からだ拭きシート・水のいらないシャンプー

水のいらないシャンプー、からだふきシート

停電のみで断水になっていなくても、冬場は水風呂に入るというわけにはいきません。

断水になることも考えたら、からだ拭きシートと水のいらないシャンプーを用意しておくことをおすすめします。

我が家はこれも持っています
【ハビナース】お湯のいらない泡シャンプー

「お湯のいらない泡シャンプー」使用レビューはこちら。

お湯のいらない泡シャンプー使用レビューお湯のいらない泡シャンプー(ハビナース)を実際に使用した口コミレビュー

持ち出し用の防災セットは停電時にも役に立つ

6つの防災セットレビューまとめはこちら。

おすすめ防災グッズのランキング&比較口コミレビュー!【我が家も購入済み】
我が家が購入した持ち出し用の防災セットには、懐中電灯、ランタンも入っていて、自宅避難の際にそのまま使えますので、別で用意する必要がありません。

防災セットは持ち出すだけでなく、自宅避難にも役立ちますので、防災セットを一番に用意すると無駄がありません。

持ち出し用の防災セットが停電時にどう役に立つのか、下記の記事にまとめていますのでご覧ください。

「防災セットが停電・断水対策にもなる」ページはこちら。

防災セットで自宅避難対策防災セットがあれば停電や断水状態での自宅避難にも対応できる

停電時に役立つ防災グッズまとめ

停電時に起こりうる火災のうち、通電した時に起きる火災(通電火災)とローソクなどの裸火が倒れておきる火災は、事前に対策することでコントロール可能です。

自宅はもちろんのこと、親が住んでいる実家なども、帰省の際に対策してあげることで、被害の確率を下げ、二次被害を防止することができます。

個人的に年々感じるのが、親孝行できることはあまり多くないということです。

次に地震が来た時、必要以上に慌てずに済むようにしておきたいですね。

我が家が持っている6つの防災セットレビューはこちら。

おすすめ防災グッズのランキング&比較口コミレビュー!【我が家も購入済み】