停電対策はこちらから

高齢者に必要な防災グッズリスト一覧!転がせるキャリー式リュックがおすすめ

高齢者に必要な防災グッズとは

我が家では70代の両親に防災セットを2つプレゼントし、高齢の方に必要な防災グッズがわかりました。

災害時に若い方は友人の家に泊まったり、サバイバル的に野宿もできたりしますが、高齢の方はそうはいきません。

かといって、大量に物を用意しておくと、重くて持ち運べません。

このあたりを解決していく必要があります。

まずは、高齢の方に必要な防災グッズのアイテムリストからご紹介していきます。

高齢者に必要な防災グッズリスト一覧

表の説明

  • 携帯・・・毎日ポーチなどに入れて持ち歩く非常用
  • 持ち出し・・・防災リュックに入れて持ち出す防災グッズ
  • 家置き・・・家に置いておく備蓄品
携帯
持ち出し
家置き
キャリー式リュック
詳細ページへ
緊急時だけ背負う、緊急時以外は転がせるキャリー式リュックが断然ラクです。
服用中の薬
老眼鏡・メガネ
成人用おむつ(簡易トイレ)
詳細ページへ

1回分

3回分程度

1人1日5回として、3日15回分~7日35回分
入れ歯洗浄剤
折りたたみ式の杖

高齢者向け防災グッズリストのダウンロード(PDFファイル)利用規約

高齢者向け防災グッズを1つずつ解説

高齢者の防災リュックはキャリーカートにもなるものを

キャリーカート式リュック

高齢者の防災セットのリュック
  • リュック+キャリーカートタイプのものを
  • 買い物用のカートは悪路で持ちにくく背負えない
通常のリュックはきつい
SHELTERリュックを背負う母横向き
高齢の方は「重い荷物を背負って避難する」ということが難しいです。

緊急時や悪路だけ背負うか持つ、緊急時以外や平坦な道の時はカートを引く、これがお年寄りには一番いいと思います。

緊急時以外は転がせるキャリー式リュック
母親が実際にものすごい防災セットプレミアムを転がしているところ
緊急時だけ背負うか持つ
母親がものすごい防災セットプレミアムを背負ってみた

スーパーで買い物をして両手に荷物を持つ程度であれば大丈夫ですが、災害時は状況によっては走ることにもなります。

体のどこかが悪いわけじゃなくても大変であり、もう少し年齢が上のお年寄りや足が悪い方になると、リュックを背負うのはかなり厳しくなります。

また、時とともにどうしても衰えていくため、先々を考えても、キャリー式リュックにしておくべきだと思い、我が家では両親にプレゼントしました。

公式サイト最安値保証(実質割引)+増税後の税込価格が据え置き+キャッシュレス5%還元でかなりお得です。

キャッシュレス5%還元+税込価格据え置き

【公式限定】会員登録で割引&最安値保証

キャリー式リュック「ものすごい防災セット プレミアム」詳しいレビューはこちら。

ものすごい防災セットプレミアム「ものすごい防災セット プレミアム」レビュー!高齢者、女性、赤ちゃん連れにおすすめ

老眼鏡、メガネ

老眼鏡・メガネ

高齢者の防災セットに入れておく老眼鏡、メガネ
  • 日常使用しているものとは別のものを入れておく
災害時は、何年生きてきた人間でもパニックになります。

就寝時に災害が起きた時、枕元に置いてあるメガネですら、取る余裕がなくなると思っていた方がいいかもしれませんね。

普段使用しているものを持って外に出れたら運が良かったぐらいの感覚で、防災セットさえ持って出ればなんとかなる状況を作っておきたいです。

服用中の薬

服用中の薬

高齢者の防災セットに入れておく服用中の薬
  • 重要度がきわめて高いものは必ず防災セットにも入れておく
「これを飲まないと日常生活に支障をきたす」「これを飲まないと調子が悪くなる可能性がある」という薬は必ず防災セットに入れておいてくださいね。

1~2日分を防災セットに入れておき、それ以外の薬を日常飲んでいきます。

薬がなくなりかけて次に薬をもらってきたら、防災セットに入れてあった古い方の薬を飲み、新しい方を防災セットに入れるというやり方です。

災害時の医療は生死に関わる人が優先されますので、ご自身でできる備えをしておきましょう。

もし、たとえ防災のためと言っても、「薬を防災セットの中に入れるのはわずらわしい」ということであれば、就寝時は枕元のサイドテーブルなどにメガネ、薬、カギなど必要なものを置いておきましょう。

その時、すべてをまとめてジップロックか巾着袋などに入れておくと、災害時にそれを掴み、玄関先の防災セットを持って外に出るだけで済みます。

枕元にバラバラに置いておくと全部一気に持てなかったり、入れる袋を探したりしなければなりません。

家を出る際には、ブレーカーを落とすことをおすすめします。

地震が起きたら「自動でブレーカーが落ちるグッズ」を下記にご紹介しています。

停電対策で用意すべきもの、使うべきでないもの停電時に役立つ防災・通電火災対策グッズと使うべきでない停電対策グッズ

簡易トイレ、成人用おむつ、入れ歯洗浄剤

簡易トイレ・成人用オムツ

簡易トイレを防災セットに入れておくのはもちろんですが、必要な方は成人用おむつも入れておきましょう。

おむつをするほどではないという方は、簡易トイレを10回分程度持っておくと安心です。

BOS 非常用トイレセットのパッケージ
驚異の防臭素材 BOS 非常用トイレ
BOSトイレセットの中身
「驚異の防臭素材 BOS 非常用トイレ」内容物一覧

BOS 非常用トイレセットの中身

  • 汚物入れ
  • 凝固剤
  • 防臭袋

自宅避難の際の使い方
便座を下ろす

持ち出し用としても持っておきたいですし、自宅避難の際、これがないと水が流せない場合、トイレに困りますので、必ず用意しておきたいアイテムです。

我が家で使ってきた、驚くほど臭わない「BOS」の簡易トイレについてまとめています。

BOS 非常用トイレセット【BOS 非常用トイレセット使用レビュー】圧倒的に臭わない簡易トイレ 驚異の防臭袋

臭わない防臭袋だけが必要な場合は、「驚異の防臭袋 BOS」がおすすめです。

驚異の防臭袋 BOS【驚異の防臭袋 BOS】実際使ったら驚くほど臭わない【購入・使用レビュー】

入れ歯をお使いの方は、入れ歯洗浄剤を入れておくのも忘れないでくださいね。

水のいらない入れ歯洗浄シートがおすすめです。

災害時は、通常の精神状態とは異なります。

お年寄りは若い人に比べ、特に気が滅入り、元気をなくしてしまいがちです。

長年生活してきた風景が一瞬で変わってしまったのを目の当たりにすると、そのショックは若い方よりも大きなものになります。

せめて避難時の食や排泄の心配を減らし、できるだけ不安を取り除けるようにしておきたいです。

ウエットティッシュ

ウェットティッシュ

高齢者は感染症にかかりやすい
  • 免疫力が落ちると感染症にかかりやすい
  • 食事前とトイレ後は必ず手をきれいにしましょう
高齢者は赤ちゃん同様、感染症にかかりやすいです。

抵抗力が落ち、体力、気力も奪われている災害時はその傾向が顕著です。

災害時は手洗いができず、またアルコール除菌も難しい場合が多いため、ウエットティッシュで食事前とトイレ後はきれいに手を拭いておきましょう。

折りたたみの杖

折りたたみ杖

高齢者の防災セットに折りたたみ杖は必要か
  • 杖を玄関に置いて防災セットも玄関におくのであれば、折りたたみの杖は不要
  • ご家族がおんぶして避難する可能性がある場合は、折りたたみの杖を防災セットに入れておく

通常、杖は玄関に置いていることと思います。

防災セットを玄関に置くのであれば、同じく玄関にある防災セットに折りたたみの杖を入れておいても、あまり意味がありません。

もし防災セットを、例えば庭のある部屋に置いておくということであれば、杖を防災セットに入れておく意味はあると思います。

しかし、玄関は柱が多く、家の中でも比較的安全な場所です。

玄関に近いところに防災グッズを置くのが現実的なので、杖が玄関にあるのであれば、別で用意する必要はないと考えています。

緊急時は「高齢者の方をおんぶして避難する」場合には、折りたたみの杖を防災リュックに入れておいた方がいいですね。

高齢者の方におすすめの防災セット

「ものすごい防災セット プレミアム」

ものすごい防災セット プレミアム
ものすごい防災セットプレミアム

私は、これほど高齢者の方に適した防災セットは他にないと思っています。

我が家では70代の両親に、キャリーカートにもなるリュックの防災セットをプレゼントしました。

このキャリー式リュックばかりは他のもので替えが利きません

高齢者の方には、緊急避難時に背負える場合はリュックとして、体力的に難しい場合はキャリーカートとして転がせる「ものすごい防災セット プレミアム」をおすすめします。

悪路、緊急時以外は転がせる
母親が実際にものすごい防災セットプレミアムを転がしているところ※「急いでない時は転がせるのが助かるね」と語りながら転がす母(70代)
緊急時のみ、背負える方は背負う
母親がものすごい防災セットプレミアムを背負ってみた※「長い時間じゃなければ背負えるけどねぇ」となぜかステッパーに乗って「ものすごい防災セット プレミアム」を背負う母(70代・足腰強め)

我が家では、両親にプレゼントする際に、いろいろと防災セットを検討しましたが、結論としてはこの「ものすごい防災セット プレミアム」一択でした。

私の両親はまだまだ元気ですが、やはり若い時に比べると衰えはあります。

防災セットを用意しても、いつ使うことになるかわかりませんので、数年後に使う場合には、足腰が弱っている可能性もあります。

年齢にもよると思いますが、高齢者の方が、重い荷物を背負って急いで歩く、走って避難するというのは難しいです。

そのため、高齢者という年齢ではありませんが、60歳を超えている方にはキャリーカートにもなるリュックの防災セットをおすすめします。

キャッシュレス5%還元+税込価格据え置き

【公式限定】会員登録で割引&最安値保証

「ものすごい防災セット プレミアム」の購入レビューはこちら。

ものすごい防災セットプレミアム「ものすごい防災セット プレミアム」レビュー!高齢者、女性、赤ちゃん連れにおすすめ

ここをご覧いただいている子供さんたちへ

子供から親へ防災セットのプレゼント

おそらくここを読まれている方は高齢者の方を親に持つお子さんの方々ではないかと思います。

私の親は「大丈夫、大丈夫」が口癖で、防災の準備はまったくしていませんでした。

防災セットの必要性も何度か話しましたが、あまり聞く耳を持たず…。

でも、離れて暮らしているので心配なんですよね。

親御さんがお一人で暮らしている方の場合、特にそうだと思います。

なので、私たちは両親に「ものすごい防災セット プレミアム」をプレゼントしました。

ものすごい防災セットプレミアム

もらうと、嫌がったりはしないんですよね。

それからは親が自分で近所のスーパーで缶詰を買って、備蓄したりするようになりました。

やっぱり一つ手にすると変わるもので、きっかけは大事だなと思います。

親を守るのも私たち子供の役目であり、防災に関しては特に大きな親孝行の一つでもあると思います。

母親が実際にものすごい防災セットプレミアムを転がしているところ

母の日、父の日や敬老の日、みんなで集まるお正月などに、親御さんへ防災セットをプレゼントをされてはいかがでしょうか。

我が家は孫から親に手渡してもらったら、とても喜んでいましたよ。

キャッシュレス5%還元+税込価格据え置き

【公式限定】会員登録で割引&最安値保証

高齢者の防災グッズまとめ

高齢者を含む避難すべき警戒レベル表

警戒レベル
とるべき行動
行政情報
防災情報
レベル5
命を守る最善の行動 災害の発生情報 指定河川洪水予報、土砂災害、警戒情報、警報、危険度分布等
レベル4
全員避難 ・避難勧告
・避難指示(緊急)
レベル3
高齢者等は避難(他の住民は準備) 避難準備・高齢者等避難開始
レベル2
避難行動の確認 注意報
レベル1
心構えを高める 警報級の可能性

※出典:避難勧告等に関するガイドラインの改定(PDF)(内閣府 平成31年3月29日)

memo
高齢者の方は一般の方よりも一段階早い警戒レベルで避難する必要があります。
防災グッズを持ち出す余裕があるうちに、キャリー式リュックを転がせる状況時に早めの非難をおすすめします。

災害時に出てくる避難者の方の映像で一番目立つのが高齢者の方です。

特に身寄りのない方は、行政の対応を待つことしかできないのが現状ではあります。

防災グッズ、防災セットを用意しておくことで、高齢の方が避難時に少しでも苦痛が和らいだり、不快感を取り除くことはできます。

何より手元にこういったものがあると、意識が変わってくるんですよね。

うちの母も私たちがプレゼントしてから、防災に対する意識が随分と変わった気がします。

以前だと、災害が起きて身の危険が迫っていても自宅から出ない可能性がありましたが、今ならすぐに避難するはずです。

お年寄りの方が、自分で防災グッズを揃えるのは難しいので、ご家族の方が中心になって、協力してあげていただきたいなと思います。

「ものすごい防災セット プレミアム」の購入レビューはこちら。

ものすごい防災セットプレミアム「ものすごい防災セット プレミアム」レビュー!高齢者、女性、赤ちゃん連れにおすすめ