【防災セット「SHELTER」を買ったレビュー&口コミ】コスパ最強で一番おすすめ

防災セット「SHELTER」

結論から言いますと、この「SHELTER」のコストパフォーマンスはすごいです。

私は「SHELTER」を防災セットの基準として考え、比較してきました。

迷ったら「SHELTER」。

SHELTERを背負ったところ

価格11,880円(税込)が、会員登録して購入すると、ポイント還元ではなく現金割引があります。

税込価格が据え置き
消費税10%になっても税込価格が11,880円で据え置きになっています。

我が家ももちろん購入しました。

累計60,000セット以上を販売する「SHELTER」シリーズは防災用品トップブランドの防災セット

LA・PITA「SHELTER」を購入した理由
  1. コスパ最強!防災セットメーカートップブランドのグッズ満載
  2. このセットをベースに自分が必要なものを追加できる大容量35Lリュック
  3. 多数の実績&高い購入者満足度

コスパ最強!防災セットメーカートップブランドのグッズ満載

SHELTER全商品

我が家では防災セットを6つ持っていますが、「コストパフォーマンス」はこれが一番です。

防災セットの買い直しは絶対に避けたいです。

「SHELTER」は防災メーカーLA・PITAの商品で、非常食から防災に必須なアイテムまで、高品質なものがしっかり揃う、初めて買うのにおすすめの防災セットです。

このセットをベースに自分が必要なものを詰め合わせできる大容量35lリュック

まだまだ入る大容量

防災セットを購入した後に、そのリュックにその他の自分に必要なものを追加する必要があります。

しかし、購入した防災セットがすでに満タンだったり、ほとんどスペースが残っていない場合、他のものを入れることができません。

SHELTERのリュックは大容量の35リットル(※2018年7月に30Lから35Lへバージョンアップ)ですので、さらに追加するスペースが十分にあります。

多数の実績&高い購入者満足度

取引実績出典:LA・PITA

自社開発&直販のため、品質面と価格面が特に強いです。

警察にも導入されているのがすごい・・・。

シリーズ累計60,000セット以上の実績は「コスパが良い」ということに加え、シリーズ購入者満足度96.8%(※)と高い満足度による安心感があるのだと思います。※(2014年5月~2018年1月までのLA・PITA社独自アンケート結果)

目次へ戻る

「SHELTER」購入時に会員登録したら割引になった

会員登録して購入したら現金割引があった

LA・PITA公式サイトではベストレート(最安値)保証があります。(公式サイトをご確認ください)

よくあるポイント還元ではなく、現金で割引されるのでありがたかったです。

しかも、このSHELTERは消費税10%になった10月1日以降も税込価格を据え置き

SHELTERはもちろん、保存水・非常食なども、増税前の価格で購入できます。

目次へ戻る

実際に「SHELTER」を背負ってみた感想

重さ約5kg
SHELTERを背負っているところ

お年寄りの方でなければ、女性でも十分背負える重さです。

これに自分に必要なものを入れますので、体力に自信のない方やお子さんが2人いらっしゃる方、ご両親用には、キャリーでも転がせる「ものすごい防災セット プレミアム」をおすすめします。

肩ベルトのクッションも効いていて、フロントストラップもついているため、実際の重さよりもラクに感じます。

防災メーカーのものを選ぶと、このあたりの細かい仕様まで考えて研究・開発されているので安心です。

目次へ戻る

「SHELTER」の全中身を公開!実際に購入したリアルな口コミ

防災セットの中身を本音で全レビュー

これが「SHELTER」の全商品

SHELTERアイテム

35Lの大容量かつ防災用に開発されたリュックが安全性を担保

SHELTERリュック

2018年7月リニューアル

2018年7月にリュックがバージョンアップし、「水を弾く」素材に改良され、容量も30Lから35Lへ変更となりました。

まだまだ入る大容量

自分に必要なものをまだまだ詰めることができます。

子供の荷物も入れられますよ。

クッション入りショルダーベルトとフロントストラップ

肩が痛くなりにくいクッション入りのショルダーベルトと緊急時にも安定して背負えるフロントストラップが付いています。
反射材3枚使用のリュック

「SHELTERリュック」には3つの反射材がついていますので、災害後の停電時に車のヘッドライトに照らされると光ることで、ドライバーに認識されます。

これがないと危険です。

SHELTERの重さは約5kg

「SHELTER」は箱、袋などから取り出していない状態で約5kgです。

SHELTERを背負ったところ

背負う前に、まず持った時「思ったより重くないな」と感じました。

まだまだスペースに余裕がありますので、必要なものを詰めてオリジナルの防災セットを仕上げていきましょう。

背負ってみましたが、この程度の重さは成人男女なら負担のない範囲だと思います。

とはいえ、ここから物を追加していって、女性やお年寄りが背負って、緊急時は走るとなると、ちょっと厳しいかもしれません。

母はちょっと重いとのこと(自分の荷物を追加済み)
SHELTERリュックを背負う母横向き

お年寄りや小さなお子さん(特に子供2人以上)がいる方は、キャリーリュック式の「ものすごい防災セット プレミアム」を検討してみてください。

これだとラク
母親が実際にものすごい防災セットプレミアムを転がしているところ

「ものすごい防災セット プレミアム」レビューはこちら。

ものすごい防災セットプレミアム【ものすごい防災セット プレミアム購入レビュー】高齢者、女性、赤ちゃん連れにおすすめのキャリーリュック

【保存水】天然非加熱7年保存水×3本

純アルカリ7年保存水

長期保存水なのに、非加熱の天然水というのは驚きです。(通常は加熱殺菌)
純天然アルカリ保存水【7年保存】試飲画像

災害時にお腹を壊しても困りますので、これだけ原水の時点からきれいでお水であれば安心ですね。

【非常食】レスキューライス、ライスクッキー、野菜ジュース

SHELTER非常食

7年保存のアルファ米(2019年2月から岡山県産米を使用したレスキューライスに変更になっています)、特定原材料等27品目不使用の「尾西のライスクッキー」と「カゴメ野菜一日これ一本(長期保存用)」が入っています。

荷物をできるだけ軽くしたいという場合には、野菜ジュースを自宅の備蓄用に回し、青汁粉末などのビタミン補給になるものを防災リュックに入れるのもいいですね。

尾西のライスクッキー

止まらないおいしさです
尾西のライスクッキー割ったところ

カゴメ野菜一日これ一本(長期保存用)

長期保存用はにんじんベース
「カゴメ 野菜一日これ一本 長期保存用」(5.5年保存)試飲写真

災害時に物流がストップして野菜が摂取できない可能性がありますが、野菜ジュースでビタミン補給ができます。

目次へ戻る

【多機能ダイナモラジオライト】懐中電灯、ラジオ、緊急サイレン、充電器

1台4役
多機能ダイナモラジオライト
懐中電灯
多機能ダイナモラジオライトの懐中電灯

多機能ダイナモラジオライトを夜に点灯したところ
AM/FMラジオ、緊急サイレン
多機能ダイナモラジオライト AM/FMラジオ、緊急サイレン
充電器
多機能ダイナモラジオライト 充電機能

乾電池充電、USB充電に加え、手回し充電にも対応していますので、電池切れの心配がありません。

蓄電タイプのため、ずっと回し続ける必要がなく、もちろんスマートフォン・ガラケーの充電も可能です。

3歳児でも回せます
スマホ対応ダイナモチャージングラジオライトを回しているところ

【ランタン】防滴LEDランタン

高輝度LEDランタン
明るさ100%
防滴ダイヤルランタン100%光
明るさ50%
防滴ダイヤルランタン50%光

無段階で調節できるので、暗闇や就寝時など調光が便利です。
テスト用乾電池付き
乾電池

【エアーマット】睡眠を助ける

エアーマットAIR GOLON

国産エアーマット「AIR GOLON」。

避難所に段ボールベッドが人数分完備されているとは限りません。

横になった時、エアーマットがあれば床冷えから体を守ります。

エアーゴロンを広げたところ

付属のストローで空気を入れていきます。

エアーゴロンにストローを差して空気を入れる

休み休み入れても、女性でも数分で膨らませることができます。

エアーゴロンに空気を少し入れたところ
完成
エアーゴロンに寝ているところ

膨らませた後のサイズはおよそ190cm×58cm×厚み5cm。(耐重量250kgまで)

端の方を折り返すと枕にもなります。

エアーゴロンを折り返すと枕にもなる

避難所への避難だけでなく、車中泊や昼間は外でローソファとしても使えますので、ずいぶんと体が楽になりますよ。

【寝袋、アルミブランケット】防寒・睡眠を助ける

レスキューシート、レスキュー寝袋

アルミシートが体温を守り、冷気を通しません。

防寒対策はこれで十分。

【簡易トイレ】凝固剤不要、水に流せるティッシュ付き

トイレONE

凝固剤不要、水に流せるティッシュ付きの簡易トイレが、1日目安の3回分入っています。

簡易トイレは避難所や屋外だけでなく、自宅避難の断水時にも強力なアイテムとなってくれます。

目かくしポンチョ

目かくしポンチョ

どこで用を足すことになるかわからないため、目かくしポンチョは特にありがたいですよね。

着替えにも必要なので、プライバシー保護で持っておきたいアイテムです。

目次へ戻る

【ウォーターバッグ】6L

ウォーターバッグ

ウォーターバッグ(水タンク)は、外への避難時に加え、自宅避難の際にお水を汲むこともできますし、これを持って給水に行くことができます。

【体ふきシート】

からだふきシート

災害時は自宅避難中でも水が出なければお風呂に入れませんので、体ふきシートがあると不快感やストレスを減らすことができます。

【救急セット】持病の薬もお忘れなく

救急セット、レインコート、マスク

  • ハサミ
  • つめきり
  • ピンセット
  • ワンタッチ包帯
  • 綿棒×10本
  • コットン×3枚
  • エイドバン(絆創膏)×5枚

お年寄りの方や持病のある方は、お薬も忘れずに持ち出しましょう。

【マスク】感染症対策

ラピタ マスク

感染症対策に必須のマスク。

追加で何枚か防災リュックに入れておきたいですね。。

【レインコート】雨天時の避難に

ラピタ レインコート

雨天時の避難にはレインコートが欠かせません。

ズブ濡れで避難所に避難しても、替えの服がありませんので、レインコートを着て避難したいです。

【ホイッスル】ストラップつきがうれしい

ラピタ蓄光ホイッスル

災害時は電気が止まって信号の光もなくなった状態でも車は通行していますので、ホイッスルが光るのは安全ですね。
ラピタ蓄光ホイッスル試着
子供でも吹ける
ラピタ蓄光ホイッスルを子供が試し吹き

軍手

ラピタ軍手

避難時や避難後の作業時に手のケガを防ぐ軍手です。

全アイテム
SHELTERアイテム

目次へ戻る

「SHELTER」の防災グッズ全リストと人数別比較表

※赤文字が他と違っている部分です。

SHELTER 1人用
SHELTER
2人用
SHELTER
3人用
SHELTER
リュック 1つ(4色から選択)
H55cm×W31cm×D21cm(容量35L)
1つ(4色から選択)
H55cm×W31cm×D21cm(容量35L)
2つ(4色から選択)
H55cm×W31cm×D21cm(容量35L)
保存水 7年保存水500ml×3本 7年保存水500ml×6本 7年保存水500ml×9本
水バッグ 6リットル×1 10リットル×1 6リットル×2
非常食 7年保存アルファ米3味×計3食、5年保存ライスクッキー(アレルギー物質27品目不使用)×1、5年保存KAGOME野菜ジュース×1 7年保存アルファ米6味×計6食、5年保存ライスクッキー(アレルギー物質27品目不使用)×2、5年保存KAGOME野菜ジュース×2 7年保存アルファ米7味×計9食、5年保存ライスクッキー(アレルギー物質27品目不使用)×3、5年保存KAGOME野菜ジュース×3
ダイナモライト 1つ
LEDライト、AM/FMラジオ、携帯電話・スマホ充電、手回し式充電蓄電機能、USB充電
1つ
LEDライト、AM/FMラジオ、携帯電話・スマホ充電、手回し式充電蓄電機能、USB充電
1つ
LEDライト、AM/FMラジオ、携帯電話・スマホ充電、手回し式充電蓄電機能、USB充電
ホイッスル 光る95dB×1 光る95dB×2 光る95dB×3
ランタン LED12灯×1 LED12灯×1 LED12灯×1
エアーマット 約190cm×幅約58cm×厚み約5cm×1 約190cm×幅約58cm×厚み約5cm×2 約190cm×幅約58cm×厚み約5cm×3
アルミブランケット 213×137cm×1 213×137cm×2 213×137cm×3
寝袋 100×200×1 100×200×2 100×200×3
簡易トイレ 凝固剤不要3枚入×1 凝固剤不要3枚入×2 凝固剤不要3枚入×3
目かくしポンチョ 幅99cm×高さ119cm×1 幅99cm×高さ119cm×2 幅99cm×高さ119cm×3
レインコート 1つ 1つ 1つ
からだふきシート 70枚入り1つ 70枚入り1つ 70枚入り2つ
マスク 1つ 2つ 3つ
軍手 1つ 2つ 3つ
テスト用単三電池 単三電池 4本 単三電池 4本 単三電池 4本
救急セット 1つ 1つ 1つ
結論
  1. 必要十分かつ高品質なコスパに優れた防災セットならこの「SHELTER」がいい
  2. 高齢者や小さな子供がいる家族は、キャリー式リュックの「ものすごい防災セット プレミアム」も検討する
  3. 10,000円前後では「SHELTER」を超えるものはないと私たちは思いました

我が家が持っている防災セットまとめ記事はこちら。

タイプ別まとめ おすすめ防災グッズ・セットレビュー【タイプ別】おすすめ防災グッズ・セットのレビューまとめと比較【我が家も持っています】

目次へ戻る