【尾西食品 携帯おにぎり実食口コミレビュー】5年保存アルファ米の冷たくてもおいしいおにぎり

尾西食品 携帯おにぎり 5年保存

「宇宙航空研究開発機構(JAXA)」から国内初の「宇宙食認証」を得ている尾西食品のアルファ米。

お水からお湯を入れるだけで「おにぎり」になるアルファ米のおにぎり「尾西食品 携帯おにぎり」(5年保存)をご紹介します。

尾西 携帯おにぎり 鮭、わかめ、五目おこわ、昆布パッケージ

「にぎらずにおにぎりになる」とはこういうことだったのかと感心しました。

【尾西食品】携帯おにぎり(5年保存)鮭・わかめ・五目おこわ・昆布

尾西 携帯おにぎり 鮭、わかめ、五目おこわ、昆布パッケージ

できあがりが104gと109gなので、コンビニのおにぎりとほぼ同じ量ですね。

携帯おにぎりは「鮭」「わかめ」「五目おこわ」「昆布」の4種類がありますが、そのうち「鮭」が宇宙食として認証されています。

いずれも、5年保存です。

「わかめ」「昆布」はアレルギー物質27品目不使用

尾西 携帯おにぎり アレルギー対応のわかめと昆布

4種類のうち、「わかめ」と「昆布」がアレルギー物質27品目不使用です。

わかめの原材料表示

尾西 携帯おにぎり わかめの原材料と栄養成分表示

昆布の原材料表示

尾西 携帯おにぎり 昆布の原材料と栄養成分表示

アレルギーのある方の非常食は多くないので、こういったおにぎりを用意しておくといいですね。
クリーンブースで製造
尾西食品さんはアレルギー対応の非常食にも力を入れており、おにぎり以外にも、アルファ米、ライスクッキーなどのお菓子もクリーンブースで製造されています。

アレルギー物質不使用のライスクッキーを試食したらあまりにおいしすぎて全部食べてしまい、追加で購入してしまいました。

アレルギー対応の非常食をまとめています。

アレルギー対応の非常食・保存食アレルギー対応非常食・保存食のおすすめをご紹介!ご飯、缶詰からお菓子まで

尾西 携帯おにぎりの作り方はいたって簡単

塩こん部長がいる!
尾西 携帯おにぎり昆布

「昆布」を作ってみます。

昆布は有名な「くらこん」さんの昆布を使用しています。

  • STEP.1
    封を切って乾燥剤を取り出す
    尾西 携帯おにぎり 昆布のアルファ米

    中身はこんな感じになっています。(※お皿にあける必要はありません)

  • STEP.2
    シールを取る
    尾西 携帯おにぎりの注水シール

    表にあるシールを取ると注水範囲が出てきます。

    直射日光を避けるために、シールで覆ってるんですね。

  • STEP.3
    お水を入れて待てばできあがり
    尾西 携帯おにぎりの調理完成

    赤のラインまでお水またはお湯を注いで封をします。

    お水なら60分、お湯なら15分、この時間は守ったほうがいいです。

    食欲に負けてフライングして早めに食べたことがありますが、固い部分が残るとおいしくいただけませんので注意しましょう。
  • STEP.4
    裏面の切り口を手でカット
    尾西 携帯おにぎりの切り口

    赤で丸をしている切り口部分を手でカットしていきます。

    尾西 携帯おにぎりの切り口をカット
    尾西 携帯おにぎりの切り口をカット

  • STEP.4
    完成
    尾西 携帯おにぎりの完成
    袋の中が三角形になっているので、お水かお湯を入れるとアルファ米がふくらんで、おにぎり型に仕上がるんですね。

「尾西食品 携帯おにぎり」を実際に食べた口コミレビュー

実食

昆布

尾西 携帯おにぎりの試食

昆布の味付けは強くないものの、たくさん入っていて、しっかりと昆布のおにぎりを食べている感覚です。

尾西 携帯おにぎりの試食

味は間違いないですが、水加減を間違えると食感が悪くなっておいしく感じにくいため、お水は注水線の赤いラインを守りましょう。(おすすめは赤の下線ライン)

全部食べたい。
んー、もうちょっとで夕飯だから、その時に食べて。

五目おこわ

尾西食品携帯おにぎり出来上がり写真

五目おこわの具材は、油揚げ、ごぼう、しいたけ、こんにゃく。

写真のようにしっかり具材が入っていて、おかずが用意できない災害時でも満足できます。

わざわざ言うのもどうかと思いますが、かなりおいしく、乾燥したアルファ米だったことを忘れて食べていたくらいです。

油揚げ、ごぼう、しいたけ、こんにゃく。これこれ、体が欲してた味。

時間を守れば、お年寄りの方にも固くない、ちょうど良い炊き上がりですよ。

尾西食品携帯おにぎり出来上がり写真

写真で伝わるかわかりませんが、ふっくらしていて、空気と一緒に軽く握った感じの印象です。

かといって、手に持って崩れるわけではなく、口に入れて解けていく仕上がりです。

災害時は袋に入れたまま食べると思いますので、ふっくらした状態で食べることができます。

手で握ったり、おにぎり成型器で作ったおにぎりほどのきれいな三角形ではありませんが、おにぎりとして十分おいしくいただけますよ。

尾西食品「携帯おにぎり」はお湯でなく、お水でもおいしい

尾西食品携帯おにぎりはお水でもおいしい

できることなら災害時にもあたたかい食べ物が食べたいですが、用意した発熱剤には限りがありますし、コンロのガスも限りがあります。

尾西 携帯おにぎり 鮭、わかめ、五目おこわ、昆布パッケージ

この携帯おにぎりは、冷たくても十分おいしいです!
MEMO

日本人がおにぎりを食べる時は、冷えていることが多く、冷えていてもおいしく食べられることとその状態に慣れているためか、この携帯おにぎりは冷たい状態で食べても十分おいしいです。(もちろん尾西食品さんの企業努力あってのものです)

お湯を沸かせなくてもおいしく食べられるのは、とてもありがたいですね。

貴重な熱源は、他のレトルト食品など、あたたかさを重視する食品をあたためるものにまわせますよ。

尾西食品アルファ米の記事はこちら。

尾西食品アルファ米レビュー【尾西食品アルファ米の実食口コミレビュー】アルファ米のパイオニア・尾西のご飯【評判】

非常食のまとめ記事はこちら。

おいしい非常食をレビューおすすめの非常食・保存食まとめ【実食口コミレビューあり】