防災グッズリスト一覧はこちら

【常温保存可能】災害時に使えるロングライフ牛乳と全粉乳、脱脂粉乳を比較レビュー

ロングライフ牛乳、全粉乳、脱脂粉乳まとめ

災害時のストレスを最小限にするには「できる限り日常に近づける」ことが大事ですが、手に入りにくいのが生鮮食品。

牛乳は肉や魚などの生鮮食品同様、保存も利かず、すぐに手に入らなくなるため、復旧までの間、飲めなくなってしまいます。

毎日牛乳を飲んでいる子供や牛乳を飲む習慣のある方が、1~2日ならまだしも、1週間以上牛乳を飲めないとなると困りますね。
森永牛乳常温保存可能品パッケージ

今回は常温保存可能な賞味期限の長い「ロングライフ牛乳」と全粉乳、脱脂粉乳を比較してレビューしていきます。

MEMO
ちなみに、スーパーを4店舗まわりましたが、常温保存可能なロングライフ牛乳、全粉乳は置いてありませんでした。(普通はみんな冷蔵品を買うからですかね)

ロングライフ牛乳(常温保存可能で賞味期限が長い)

森永牛乳

森永牛乳常温保存可能品パッケージ

最大の疑問:なぜ常温保存が可能なのか?

森永牛乳常温保存可能品表示

一番気になるのが、生鮮品である牛乳がなぜ常温で60日も保存可能なのかということ。
常温で60日保存可能な理由
  • 無菌空間で
  • 殺菌した容器に
  • 殺菌した牛乳を充填しているから

概ねどの乳業メーカーも、これがロングライフ牛乳の製造・充填方法です。

防腐剤や添加物を使って保存性を高めているわけではないんですね。

上記に加えて、パッケージ素材にポリエチレンコートやアルミ箔を挟んで光や空気を遮断(アセプティック)して、品質劣化を防いでいるということもメーカーの森永さんから伺いました。

賞味期限

森永牛乳常温保存可能品の賞味期限

私は今回amazonで「森永牛乳 常温保存可能品」を注文しました。

製造後、60日保存ですが、届いた時の賞味期限までの残り日数は40日

流通により、日数が短くなるというのは当然ですが、もう一つ大事なことがあります。

それは、「製造後7日間、工場で品質検査した後に出荷する」というもの。(森永工場ご担当者談)

つまり、「残り53日」状態から出荷がはじまるということですね。

もし、購入される場合は、60日まるまる賞味期限があるのではなく、残り40日程度を想定していた方が良いです。

ちなみに、通常冷蔵品は「製造後、要冷蔵で10~13日程度(手元にくるのはそれよりも短い)」の賞味期限です。

森永牛乳通常品と常温保存可能品の比較

森永牛乳常温保存か納品と通常冷蔵品の比較

商品は異なりますが、同じ森永の牛乳で成分を比較して見てみます。

商品概要

常温保存可能品
森永牛乳常温保存可能品の商品説明
通常冷蔵品
森永牛乳通常冷蔵品の商品説明

注目すべきは、殺菌のところ。

常温保存可能品は「140℃で2秒間」、一方、通常品は「130℃で2秒間」。

数字を見る限り、ほとんど変わらないんですね。

と思いましたが、森永さん曰く「この10℃の差は大きな数字」で、乳等省令に従って製造しているとのことでした。

栄養成分表示

常温保存可能品
森永牛乳常温保存可能品の栄養成分表示
通常冷蔵品
森永牛乳通常冷蔵品の栄養成分表示

きれいに、まるっきり同じですので、栄養成分に差はありません。

森永牛乳 常温保存可能品と通常冷蔵品を飲み比べてみた

常温保存可能品
森永牛乳常温保存可能品の試飲
通常冷蔵品
森永牛乳通常冷蔵品の試飲

感想:違いがわからない。そして、おいしい。

私は毎朝、牛乳を飲んでいますので、カルシウムや乳たんぱく質などが添加されている種別が「乳飲料」のもの(雪印メグミルクの毎日骨太など)は、味がはっきり異なるので違いがわかります。

でも、少なくとも「牛乳」で通常冷蔵品と常温保存可能品との違いは、ほぼ感じられませんでした。

常温保存可能なロングライフ牛乳は味の面でも問題なしです。

ロングライフ牛乳こそローリングストックを

森永牛乳常温保存可能品パッケージ

私は防災において、ローリングストック(使いながら補充していく)をあまりすすめていません。

使いながらこまめに補充できるようなキッチリした方ならいいと思いますが、私を含め、仕事をしながらの方や、私を含めズボラな方は、「肝心な時にない」という状況が多いに考えられます。

だってですよ、「あー、明日の朝の牛乳がない」と夜寝る前に気づくことなんてザラにありますから。

そんな時にも、この常温保存可能なロングライフ牛乳があれば、ピンチヒッターで使うことができます。

森永牛乳常温保存可能品パッケージ

200mlという飲み切りサイズでもあるので、これをなくなりかけては補充するローリングストックするのは一つの手だと思います。

よつば乳業 北海道特選3.6牛乳

40日ごとに牛乳を注文するのは面倒という方には、さらに長い保存期間の牛乳があります。

オーガニック志向の方からも支持されている「よつ葉乳業」の北海道特選3.6牛乳(1000ml)常温保存可能品。

賞味期限は、製造後100日

ただし、こちらも手元に届く時は、販売店舗によりますが50日や60日になってしまうことが予想されます。

それでも上でご紹介した森永さんのロングライフ牛乳よりは長い賞味期限ですので、こちらも選択肢の一つにできると思います。

少々ネックなのが1,000mlということ。開封後、停電時には冷蔵ができませんので、冬場以外は飲み切る必要がありますね。

ロングライフ牛乳よりもさらに賞味期限が長い全粉乳

ロングライフといえども、生乳を常温保存するには上記でご案内したような賞味期限が現状ではMAXです。

もっと保存性が高いもので、牛乳を摂取するという場合におすすめしたいのが、全粉乳。

「よつ葉 北海道全粉乳」(270日保存)

よつ葉 北海道全粉乳パッケージ

MEMO
通常のスーパーはもとより、よつ葉乳業さんの商品を取り扱っているオーガニックスーパーにも置いてありませんでしたので、ネットで購入しました。

全粉乳は、牛乳をそのまま粉末にしたものです。

スキムミルク(脱脂粉乳)とは異なり、牛乳の成分がそのままですので、水に溶いて手軽に牛乳として楽しむことができます。

700g入りで、7,000mlの牛乳を作ることができます。

賞味期限

よつ葉 北海道全粉乳の成分と賞味期限

製造後270日保存ですが、私がamazonで購入して届いた時の残りの賞味期限は185日。

購入タイミングや販売店にもよると思いますが、これくらいのロスがあると思っていた方がよいかと思います。

1,000cc換算で250円程度ですので、価格は通常の牛乳と変わりません。

全粉乳の場合は水に溶いて飲むため、水も用意しておく必要があります。

牛乳のストックを検討されている方は、保存水も用意されていることと思いますが、多めに用意しておくことをおすすめします。

保存水レビューまとめはこちら。

防災備蓄用保存水まとめおすすめの保存水(防災備蓄用)まとめと飲み比べ【5年・7年・10年・15年保存】

全粉乳よりも長期保存できるスキムミルク(脱脂粉乳)

森永乳業 スキムミルク(12ヶ月保存)

森永スキムミルク(脱脂粉乳)パッケージ

これまでご紹介した牛乳の代用としては、一番長い12ヶ月(365日)保存が可能です。(脂肪分を取り除いているため)

脱脂粉乳と聞くと、一定の年齢以上の方は良い思い出でない方もいらっしゃるかもしれませんが、今現在、私の子供も保育園でおやつの時間に飲んでいます。
でも、あまり好きではないそうです(笑)

災害時の子供の栄養、保存期間、価格を考えると、スキムミルクも選択肢の一つになると思います。

賞味期限

森永スキムミルク(脱脂粉乳)賞味期限

製造後365日保存ですが、私がamazonで購入して届いた時の残りの賞味期限は259日。

こちらも賞味期限は多少割り引いて考えておいた方が良いですね。

全粉乳同様、溶いて飲みますので、お水が必要です。

ロングライフ牛乳と全粉乳と脱脂粉乳まとめ

賞味期限比較表

我が家が購入した、森永ロングライフ牛乳、よつ葉 北海道全粉乳、森永スキムミルクの賞味期限比較表です。

ロングライフ牛乳
全粉乳
脱脂粉乳
製造後の賞味期限 60日 270日 365日
実質の賞味期限 40日 185日 259日

※実質の賞味期限は我が家が購入したケースですので、購入販売店や状況により異なります。

ローリングストックできる方はロングライフ牛乳、スキムミルクが苦手という方は全粉乳を用意されておくのがよいかと思います。

牛乳がなくてもお水を飲めば生きていくことはできますが、子供はできるだけ日常に近づけてあげたいですし、ロングライフ牛乳は1本100円程度で常温保存できますので、おでかけ時にも使えますよ。

おすすめの非常食レビューをまとめています。

おすすめのおいしい非常食レビューはこちら。

おいしい非常食をレビューおすすめの非常食・保存食まとめ【実食口コミレビューあり】