【LACITA エナーボックス 口コミレビュー】大容量の国産ポータブル電源で防災対策【ペットの防災にも】

LACITA エナーボックス

災害・停電時のスマホ、ノートパソコンなどの充電用にモバイルバッテリーを用意している方も多いと思います。

でも、停電中はコンセントを差して使う家電が一切使えないんですよね。

今後、想定される大規模地震の内閣府が想定する停電被害はこの通りです。

首都直下地震
  • 停電復旧:約1ヶ月
  • 停電戸数:最大約1,220万軒(全体の約5割)
    出典:内閣府(PDF
南海トラフ地震
  • 停電復旧:約1~2週間
  • 停電戸数:最大約2,710万軒(東海三県の約9割、近畿三府県の約9割、山陽三県の約3~7割、四国の約9割、大分・宮崎県の約9割)
    出典:内閣府(PDF

停電戸数は「軒」ですので、停電の影響を受ける「人数」はもっと多い想定です。

停電が長引くとモバイルバッテリーを用意していても足りなくなりますね。

USB充電以外にもコンセントを差し込んで使用できる大容量の電源を用意していれば、さらに使用できる家電も広がります。

キャンプやアウトドアで使われる大容量のポータブル電源は防災にも役立つんですよね。

災害時にポータブル電源を「自宅避難」で使用する、「車内で使用する」ケースは大いに考えられます。

LACITAエナーボックスの外観左側面

今回は、国産の大容量ポータブル電源「LACITA エナーボックス」を、ポータブル電源の役割や重要性とともに「ポータブル電源をよく知らない方にもわかるように」レビューしていきます。
MEMO
本記事はメーカー様に商品をご提供いただき作成しています。

LACITA エナーボックスはこんな時に使える!

災害時・停電時の電源

LACITAエナーボックスの正面写真

停電は地震だけに限らないんですよね。

2019年9月の台風15号では、停電になった世帯が930,000戸以上1ヶ月以上停電が断続的に続いた地域が数百戸ありました。

2019年9月台風15号の避難状況
  • 停電(最大供給支障)戸数:約934,900戸
  • 避難指示・避難勧告が出た人数:53,366人
  • 避難所へ避難した人数:1,247人(最大)

930,000戸以上停電になっても1,247人しか避難所へ避難していないということですので、停電の中、自宅避難を続けた人が大多数です。

大規模な台風被害の場合、停電は長引きますので、自宅避難で使える大容量のポータブル電源が役に立ちます。

車中泊

LACITAエナーボックスを車内で使用

避難所に行かない場合は車中泊

我が家はキャンプをしませんが、災害時に自宅避難ができず、家を離れないといけない場合には車中泊も検討しています。

もちろん、「安全に車で避難できる場合」に限りますし、駐車場所の安全確保やエコノミークラス症候群にならないよう対策は必要ですが、可能であれば特に日中は車内で過ごしたいです。

車中泊、車での一時的な生活に必要になるのが、ポータブル電源。

スマートフォンの電源確保やモバイルバッテリーの充電、寒冷時には電気毛布も使えますし、消費電力の小さい家電ならエナーボックスなどのポータブル電源のコンセントに挿して使えます。

また、私が強くエナーボックスをおすすめしたいのは、ペットを飼っている方

車の中で過ごす犬

2016年に最大震度7を2度記録した熊本地震では「ペット用の避難所」が用意されましたが、「ペットと離れたくない」という理由から、多くの方が利用せず、臨時開放された官公庁や施設の駐車場で車中泊されたことをボランティアの方から伺いました。

また、このペット用避難所の情報を知らない方も多く、住んでいる場所から遠い場合は行くことすらできません。

普通の避難所は他の人に迷惑をかけてしまうため、行きづらい。

こういった流れで、ペットを飼われている方で自宅避難ができない場合は、車中泊を選択することが多いのが実情です。

ペットを飼っているとなると、「ペット用避難所やペットフード配給などの情報収集」「ペットを飼っている方との連絡」が大事であるため、特に大容量ポータブル電源を持っていた方がいいですね。

アウトドア

LACITAエナーボックスをキャンプで使用

おそらくポータブル電源はキャンプなどのアウトドアで使われることが一番多いと思います。

ただ、「防災」にかなり役立つんですよね。

多くの介護施設さん、福祉施設さんなどが「エナーボックス」を導入されていますが、これはアウトドアではなく「防災目的として」だと思います。

我が家のエナーボックスの使い道も基本は「防災」、機会があれば「アウトドア」という感覚です。
屋外で電源がない場所でのDIYや、車・バイクのバッテリー充電にも使用できるのもいいですね。

LACITA エナーボックスで使える家電・機器

エナーボックスで使えるもの

エナーボックスで使える最大ワット数

最大消費電力400W以下

つまり、最大消費電力400W以下の電化製品・電気機器が使えるということです。

また、エナーボックスは444Whなので、「100Wの家電をおよそ4時間程度使用できる」計算です。(変換ロスがあります)

スマホやモバイルバッテリー

モバイルバッテリーとスマホをLACITAエナーボックスで充電

タブレット(約7W)

タブレットをLACITAエナーボックスで充電

手回し充電ラジオライト

ラジオライトをLACITAエナーボックスで充電

スタンドライトにもなる手回し充電ラジオライトです。

扇風機(約47W)

扇風機をLACITAエナーボックスで使用

このようにコンセントに挿して使う家電も使用可能です。

製品によって消費電力は異なりますが、例えば「使えそうなもの」と「使える時間」の一例(目安)はこんな感じ。

製品 使用可能時間
スマートフォン 約30回フル充電
タブレット 約130時間
ノートパソコン 約80時間Web閲覧
モバイルバッテリー(10,000mAh) 約11回フル充電
手回し充電ラジオライト 約800時間(ラジオ使用時)
LEDランタン 約80時間
LED電気スタンド 約40時間
液晶テレビ(32型) 約5.5時間
扇風機(20W) 約20時間
電気毛布(中18W) 約20時間
石油ファンヒーター(弱50W) 約8時間

災害時の情報収集に欠かせないスマートフォンやタブレット、それらを充電するモバイルバッテリーの充電は一番大事なところです。

また、停電時にラジオだけでなく、テレビを通して災害の現状確認や映像を見たい場合のテレビはポータブル電源なしには実現できません。
冬場の電気毛布、ヒーターもそうですね。

夏場の停電は熱中症を引き起こす恐れがありますので、コンセントを挿して扇風機が使えるのは強いです。

エナーボックスで使えない・使いにくいもの

電気ケトル

LACITAエナーボックスと電気ケトル

ティファールなどが有名なお湯を沸かすのに便利な電気ケトル。

ティファール現行モデルの消費電力は1,250W以上。(エナーボックスで使えるのは400Wまで)

消費電力400W以下の電気ケトルもありますが、1リットルのお湯を沸かすのに60分かかったりします。

炊飯器

LACITAエナーボックスと炊飯器

5.5合炊きIH炊飯ジャーだと1,000W超えるものが多く、使えないことが多いです。(我が家の炊飯器も使えません)

3合炊きIH炊飯ジャーでも700W超えるものが多いんですよね。(マイコン炊飯器なら400W以下のものもあります)

車中泊用の炊飯器であれば、1.5合炊きで110Wのものを使えますが、1.5合では家族で足りません。

災害時の湯沸し、炊飯・調理におすすめしたいのはこれ。
カセットコンロ
イワタニカセットフー達人スリム3使用写真

災害時のお湯や調理用にカセットコンロを用意しておくと、エナーボックスの貴重な電気を他に回せて効率的です。

パックご飯のあたためはもちろん、鍋でご飯を炊くのもカセットコンロなら10分程度の加熱で済みます。

適材適所で、ポータブル電源、カセットコンロを使い分けるといいですよ。

イワタニ最薄のカセットコンロ「達人スリム3」レビューはこちら。

イワタニ カセットコンロ達人スリム3レビュー【イワタニ カセットコンロ 達人スリム3 使用・口コミレビュー】イワタニ最薄で、強く無駄のない火力

LACITA エナーボックスのいいところ

とにかく安全性が高い

LACITAエナーボックスの上部

エナーボックスの安全性

  • 日本の電気用品安全規格「PSE」適合
  • アメリカ「UL認定」を取得した三元系リチウムポリマー電池
  • バッテリーコントロールシステム「BMS」+「MCU」で自然発熱率を低下
  • 世界最大手半導体メーカー「テキサス・インスツルメンツ社(米NASDAQ上場企業)」の充電制御ICチップ採用で、従来品に比べ回路内の温度を最大約30℃近く低下

日本メーカーであるLACITAの大容量ポータブル電源「エナーボックス」は日本の電気用品安全規格「PSE」に適合しています。

このPSE適合がまず大前提で必須です。

また、エナーボックスが取得している三元系リチウムポリマー電池の「UL認定」、アメリカでは「この認定がないと火災保険が下りない」ことも多いことで知られているほどの、安全性を証明する認定です。

安全でないポータブル電源の火災事故

2018年には安全性の低い中国製のポータブル電源が爆発し、出火するという火災事故が相次ぎました。(出典:経済産業省

ポータブル電源はハイパワーゆえ、安全性の低い製品ではこのような事故も起きかねません。エナーボックスのような安全性の高いポータブル電源がおすすめです。

充電後に3ヶ月で5%しか減らない

LACITAエナーボックスの電量表示

フル充電した後に、しばらく放置しておいたら「自然放電で充電量がだいぶ減っていた」となると困りますよね。

エナーボックスは3ヶ月で5%しか減らない自然放電率の低さが特長なので、頻繁に気にして充電しておく必要はありません。

バッテリー製品は6ヶ月以上まったく電池を使わないと電池寿命が極端に低下したり、電源の不具合につながりますが、「三元系リチウムポリマー電池」を採用しているエナーボックスは電池寿命が長く、かつハイパワー、充電効率、安全性、いずれの面も優れています。

電力ロスが少ない

正弦波
正弦波のグラフ

ポータブル電源では、「120,000mAh」「440Wh」といった容量で表示されますが、直流から交流へ変換する際にロスが出るため、実際の数字がすべて使用できるわけではありません。

エナーボックスでは、「純正弦波を生成するSPWM技術」により、このロスが最小5%までに抑えることができるため、実際に使用できる電力量が多く、給電効率が高いのが特長です。

LACITA エナーボックスの機能と使い方

機能

LACITAエナーボックスのACコンセントとUSBポート

自宅の壁に挿し込むコンセントと同じ「100V」のAC電源が3つ、USBポートが3つ利用可能です。
LACITAエナーボックスのシガーソケット
後ろには、シガーソケットが1つついています。

使い方

LACITAエナーボックスのコントロールパネル

左側の電池残量表示ボタンもしくは「AC出力スイッチ」をONにするとバッテリー残量インジケータ(バッテリーがどれだけ残っているか)が点灯します。

USB経由で給電する場合は、「USB出力ボタン」を押し、AC電源(コンセント)経由で給電する場合は「AC出力ボタン」をONにして使用します。

難しいことは何もなし、使い方もこの程度で誰でも簡単に使えます。

LACITA エナーボックスのスペック

LACITAエナーボックスの外観右側面

容量 444Wh(120,000mAh)
電池種類 三元系リチウムポリマー電池
AC出力 400W(定格)/100V-60Hz/純正弦波
USB出力 5V/2.1A(×3ポート)
シガーソケット出力 9~12.6V/10A
充電方式 CCCV方式
入力 DC12.5V~24V/6.2A
重さ 5kg
付属品 本体、ACアダプター、説明書
使用用途 最大消費電力400W以下の電化製品への給電
出力波形 純正弦波
対応ソーラーチャージャー DC18V-6A(最大)、推薦80W~100W、入力DCコネクタ規格5.5×2.1×9.5(or 11)mm
使用シーン アウトドア、車中泊、ドローン撮影、ラジコン、夜釣り、DIY、工務店(現場)、カメラマン撮影、車・バイク・ボートバッテリー充電など

LACITA エナーボックスまとめ

LACITAエナーボックスパッケージ

2019年に起きた「台風15号」では、千葉県を中心に停電が長期化し、1ヶ月以上停電が続く地域もありました。

また、2018年9月に起きた国内史上初のブラックアウトを引き起こした「北海道胆振東部地震」では、北海道全体が停電し、復旧までに40時間以上停電が続きました。

地震を警戒していたら、台風で長期停電というあたりが、油断も隙もありませんね。

以前はモバイルバッテリーを持っておくことが備えでしたが、モバイルバッテリーだけではもはや足りないことが現実となっています。

次はまた全く予想していなかった事態から、長期停電が引き起こされる可能性もあります。

アウトドアが好きな方で、ポータブル電源を持っていない方はもちろんのこと、アウトドア抜きでも「防災」でかなり役立ちますので、エナーボックスで「現代人の生命線ともいえる電気の確保」をされることをおすすめします。

モバイルバッテリーまとめはこちらから。

防災用モバイルバッテリー【薄い/軽い/小さい】防災用モバイルバッテリーおすすめ3選【購入レビュー】

手回し充電ラジオライトまとめはこちらから

手回し充電ラジオライト防災用手回し充電ラジオライトおすすめ6選【購入レビューあり】