【ふんばる君(ニトムズ)設置レビュー】賃貸住宅におすすめの目立たない家具転倒防止グッズ

家具転倒防止 ふんばる君

たんすと娘

我が家にはこのような洋服タンスがあり、その前で4歳の娘が遊んでいることが多いんですよね。

ここで遊ぶことが多くなくても、地震で家具やタンスが倒れると、下敷きになったり、頭や首を損傷してしまいかねません。

この高さでは転倒防止に「つっぱり棒」を使うわけにもいかず、賃貸なので壁を傷つけるわけにもいかない。

そこで今回、転倒防止対策に使ったのが「ニトムズ ふんばる君」。

家具転倒防止「ふんばる君」パッケージ

下に敷くだけで、家具の転倒を防止してくれる、数百円で手に入るアイテムなんです。

「内装を傷つけない」「目立たない」の両方を満たす、数少ない家具転倒防止グッズですよ。

ニトムズ ふんばる君のご紹介

家具転倒防止「ふんばる君」商品写真

ゴムよりも少し硬い合成樹脂製です。

家具転倒防止「ふんばる君」パッケージ裏面

これをタンスや食器棚の下(手前だけ)に敷いて「かませる」だけ。

「震度6弱に耐えた」という実績もあり、「実際に地震が起きてもビクともしなかった」というレビューもありましたので、これは使えそう。
注意

「ふんばる君」は、メーカーテストで震度6弱相当の揺れで食器棚の転倒を防ぐことができていますが、それ以上の揺れは家具上部で固定する転倒防止グッズとの併用で製品試験を行われています。

特に高さのある家具は、つっぱり棒などを併用することをおすすめします。

家具転倒防止「ふんばる君」傾斜
こんな感じで斜めになっていますので、家具の下に敷くと、少し壁側に重心が移りますので、手前に倒れてくる可能性が低くなり安全です。

目次へ戻る

ニトムズ ふんばる君を設置

家具転倒防止「ふんばる君」をタンスに設置

今回は、このタンスに設置。

購入前に横幅を測る
家具転倒防止「ふんばる君」サイズ確認

あらかじめ家具の横幅を測っておきましょう。

「ふんばる君」のサイズは、「60cm」「90cm」「120cm」の3種類がありますので、家具の横幅にあわせて購入してください。

横幅が足りない場合は2つを横に並べて使い、横幅が余る場合はハサミで簡単に切れますよ。

設置後
家具転倒防止「ふんばる君」設置後

ほぼ気づかないレベルで、まったく目立ちません。

影になっているので黒っぽく見えますが、「ふんばる君」自体は半透明ですよ。

1回設置した後に少し場所を変えようとして動かしても全然動きませんでした。一旦「ふんばる君」を外してから位置を変えたくらいなので、ビクともしないですね。

目次へ戻る

ニトムズ ふんばる君の注意点

ふんばる君を使えない場所
  • 家具の後ろに壁がないところ
  • 著しく凹凸のある床面やクッション性のある床面
  • 脚付き家具

畳・カーペットなどは効果が異なる場合があるので、注意が必要です。

ベストは、木の床など、下面がしっかりしたフローリングですね。

高さのある家具の場合は、この「ふんばる君」と「つっぱり棒」の二段構えがおすすめです。

アイリスオーヤマ「つっぱり棒」設置レビューはこちら。

家具転倒防止棒レビュー【家具転倒防止棒(突っ張り棒)設置・口コミレビュー】アイリスオーヤマKTBシリーズ

目次へ戻る

ニトムズ ふんばる君まとめ

家具転倒防止「ふんばる君」設置後

賃貸の場合は、退室時の原状回復を考えると、家具の固定に気を使いますよね。

実家は持ち家ですが、それでも壁(クロス)と家具を直接粘着のあるもので固定するのは、やはり気が引けます。

部屋の模様替えをする可能性もありますので、その時にクロスが剥がれるとイヤですもんね。

「ふんばる君」は、「簡単設置」「内装を傷つけない」「目立たない」「安い」が揃っていて、家具転倒防止グッズとしてかなり優秀です。

高さのある家具はつっぱり棒を併用し、高さの低いものは「ふんばる君」で、対策しておきたいですね。

【賃貸・分譲】家具転倒防止グッズまとめはこちら。

タンス、本棚、食器棚などの家具転倒防止グッズ【賃貸・分譲対応】家具転倒防止おすすめグッズ【タンス、食器棚、本棚など】

目次へ戻る