防災グッズ・備蓄品の全リスト一覧表

防災セットがあれば停電や断水状態での自宅避難にも対応できる

防災セットで自宅避難対策

防災対策では、「まず最初に持ち出す防災セットを準備すること」が大事です。

「持ち出さなければいけない状況」ということは、自宅避難よりも被害が大きいからです。

そしてもう1つ、防災セットが自宅避難にも役立ち、防災セットを先に準備することで、無駄なく防災対策ができるという点があります。

2018年に最大震度7を記録した「平成30年北海道胆振東部地震」を例に、防災グッズと備蓄品の賢い揃え方をご説明します。

被災すると、自宅避難の可能性が一番高い

北海道の地震では295万戸が停電

午前3時7分に地震が起きて、その18分後には北海道内全域295万戸が停電し、ブラックアウトに至りました。

北海道全域で電力が復旧したのは2日後です。

北海道総務部危機対策局危機対策課の「平成30年北海道胆振東部地震による被害状況等(9月14日現在)(PDF)」によりますと、避難者は累計で16,649人となっています。

大規模地震で295万戸が停電し、物流も止まっている状況の中、避難所に避難された方は16,649人です。

これは、16,649人を除く多くの人が自宅避難(親戚の家なども含む)で過ごしたことをあらわしていると考えられます。

災害の程度や被害状況によって変わるため一概には言えませんが、避難所に行くよりも自宅避難の人の方が圧倒的に多く、停電は広範囲におよぶため、停電対策を含む自宅避難対策が必要であることがわかります。

防災セットは自宅避難用の備蓄も兼ねている

我が家が購入した「ものすごい防災セットプレミアム」
ものすごい防災セットプレミアム

防災セットは外に持ち出すことを前提にしたものですが、自宅避難で使えるものが多く入っています。

我が家も購入したLA・PITAの「ものすごい防災セット プレミアム」を例にとりますと、停電時には、手回し式ラジオライト(スマホ充電付き)やランタンが使えるので安心です。

多機能手回し充電ラジオライト
多機能ダイナモラジオライト
高輝度ランタン
高輝度LEDランタン

断水になった場合は、簡易トイレや、あらい・すすぎ・脱水を1つでこなせる洗濯パックが使えますし、お風呂に入れない場合は水のいらないシャンプーやからだふきシートも使えます。

トイレONE、目かくしポンチョ

水のいらないシャンプー、からだふきシート

もし保存水の備蓄ができていなくても、1人500mlのお水3本程度は防災セットに入っているので安心です。

自宅避難の場合は、何かしら食べるものがあると思いますが、防災セットに入っている非常食も、緊急時には食べて消費することができます。

防災セットは家に置いておくため、備蓄品も兼ねています。

そのため、自宅避難用の防災グッズや備蓄品を揃える際に、防災セットに入っているものは省くことができるため、無駄なく用意するには防災セットを先に揃えるのがベターです。

最大の特長はキャリー式リュック

この防災セットだけは他のもので替えが利きません。

その理由は、「背負う」以外に「転がせる」キャリー式リュック。

緊急時だけ背負う
母親がものすごい防災セットプレミアムを背負ってみた
緊急時以外は転がせる
母親が実際にものすごい防災セットプレミアムを転がしているところ

我が家は70代の両親にプレゼントしましたが、お年寄り以外にも小さなお子さんがいるご家庭や、女性にもおすすめです。

【公式限定】会員登録で割引&最安値保証

ポイント還元でなく、現金割引

我が家が購入したキャリー式リュックの「ものすごい防災セット プレミアム」購入レビュー

ものすごい防災セットプレミアム「ものすごい防災セット プレミアム」レビュー!高齢者、女性、赤ちゃん連れにおすすめ

備蓄よりも先に防災セットの準備が大事

一番良いのは防災セットを用意して、備蓄品も用意しておくことですが、上記のことから、備蓄も兼ねている防災セットを先に準備することが大事です。

逆にいいますと、備蓄をしていてもすぐに持ち出せる準備がない場合は、被害が大きく避難所避難になって本当に物資が必要な際に、何も持たずに家を飛び出すことになってしまいます。

どちらも大事ですが、まず最初に優先すべきは、備蓄品の側面もある「持ち出す防災セット」の準備、その後に、家に備蓄しておくものを揃えることを強くおすすめします。

「我が家が持っている6つのおすすめできる防災セット」をまとめていますので、ご覧ください。

おすすめ防災グッズのランキング&比較レビュー!【我が家も購入済み】