おすすめの防災用手回し充電ラジオライト6選【購入レビューあり】

手回し充電ラジオライト

この「手回し充電ラジオライト」、防災においてかなり重要なアイテムです。

2018年9月6日に起きた北海道胆振東部地震では、スマホ充電を求める人で溢れました。

大容量のモバイルバッテリーを持っておく必要もありますが、電源、電池もないという時に、手回しで充電できるというのは大きいです。

とはいえ、手回し充電は時間と労力がかかって大変、しかも手回し充電ラジオライトのバッテリー容量はスマホを1回フル充電できないものが多い。
Greadioラジオライトをモバイルバッテリーで充電

あわせてモバイルバッテリーも用意しておくことをおすすめします。

モバイルバッテリーまとめはこちら。

防災用モバイルバッテリー・ポータブル電源【シーン別】防災用モバイルバッテリー・ポータブル電源レビューまとめ

それでは、災害時に必須となる防災グッズの代表格「防災用手回し式ラジオライト(ダイナモラジオライト)」のおすすめと選ぶポイントをご紹介していきます。

防災用手回しラジオライトの選び方と必須な機能

防災用手回しラジオライトの選び方

まず、防災グッズは持ち出せる量が限られていますので、「1つで多機能」が基本です。

懐中電灯、ラジオ、充電器をそれぞれ揃えるのではなく、全部の機能が入ったものを1家族最低1つは用意しましょう。

上記の機能をチェックすれば、買えるものが限られてきますので、自ずと選択肢が決まってきます。

手回しラジオライトの必須機能

スマホ・ガラケー充電

現代の防災グッズで必須中の必須となったスマホ・ガラケー充電器。

防災グッズは1ヶ月後に必要になるかもしれませんし、5年後かもしれません。

今iphoneを使っていても、来年Android携帯に変わる可能性もあります。

家族や周りで困っている人に貸してあげられることを考えると、iphone、Android携帯、ガラケーすべてに対応した充電器機能をもったものを強くおすすめします。

AM/FMラジオ

FMのみ対応のラジオもありますので、AM放送も受信可能なラジオを選びましょう。

「ワイドFM対応」というラジオは、FMの電波でAM放送を聴くことができますので、もちろんこれもOKです。

ライト(懐中電灯機能)

100均などで懐中電灯のみを購入される方もいると思いますが、当然ですが懐中電灯は懐中電灯の機能しかありません。

しかも、100均のものは乾電池式です。

大事です。
これまで経験したことがない大規模災害の場合、災害後、これまでのような早さで電力復旧するとは限りません。

乾電池式充電のみのアイテムは乾電池が切れたら終わりですので、ダイナモ(手回し式)充電機能があるものをおすすめします。

サイレン機能(できれば)

これは私の中では必須ではありませんが、あるに越したことはありません。

防災グッズとしてホイッスルは必須ですが、手回しラジオライトのサイレンもあるといいですね。

乾電池式充電(できれば)

切れたら終わりですが、乾電池が使えると随分ラクです。

乾電池がある限りは、乾電池で使うのが連続使用時間が長く便利ですので、これも必須の機能としています。

USB充電(できれば)

USBでパソコンやコンセントから充電を満タンにして防災リュックに入れておくことをおすすめします。

また、避難時に停電から電力が復旧した際、USBでコンセントから電源を取れますし、充電スピードも速いので、これもあった方がいいです。

手回し充電

もう何度か上で書いてきましたが、電源が取れない、乾電池も尽きたという場合には手回し充電が効力を発揮します。

未曾有の災害まで想定していますので、手回し充電は必須中の必須と考えています。

手回しは充電スピードも早くなく、回す作業が必要なため面倒ですが、これさえあればスマホやラジオの電源切れは防げます。

とはいえ手回し充電は労力がかかりますので、モバイルバッテリーとの併用がおすすめです。(おすすめモバイルバッテリー記事

家族・友人への連絡や災害状況を調べたり、災害時は平時以上にスマホを使います。

モバイルバッテリーを持っていても、その充電が終われば使えませんので、手回し式は必須です。

蓄電機能

蓄電機能がないものの場合、手回し充電を延々続けないといけません。

これこそきついので、蓄電機能は必須です。

目次へ戻る

上記の必須機能を備えたおすすめの防災用手回し充電ラジオライト

私が単品購入したラジオライト、防災メーカー「Defend」、安心のジャパンブランドのパナソニックとSONYの計6つを検証しつつご紹介します。

Greadio ラジオライト

購入しました
greadioラジオライト

安価ですが、必須機能をすべて抑えている万能でかつ、使用に十分耐えうる手回し対応充電ラジオライトです。

ソーラー充電にも対応
greadioラジオライト
懐中電灯機能
greadioラジオライト
ランタン機能
greadioラジオライト
手回し充電機能
greadioラジオライト

手回しラジオライトに必須機能の有無

スマホ・ガラケー充電

iphone、Android対応、ガラケーは要変換コネクタ
AM/FMラジオ
ライト(懐中電灯機能)
サイレン機能
乾電池式充電
USB充電
手回し充電
蓄電機能

必須機能もすべて抑えていて、音声もクリアで、私は十分満足のいくものでした。

Greadio ラジオライト詳細レビューはこちら。

GREADIOラジオライト【Greadioラジオライト購入レビュー】防災に必須な機能搭載の手回し充電対応ラジオ

目次へ戻る

Defend Future ダイナモLEDラジオライト(ソーラー充電対応)


我が家では、このソーラー充電対応タイプのダイナモLEDラジオライトが入った「Defend Future Relief」という防災セットを購入しました。

レビュー記事は下記からご覧下さい。

Defend Future Relief【「Defend Future Relief」購入口コミレビュー】5年保証付き防災セット

こちらは乾電池対応ではなく、ソーラー充電対応です。

もちろん手回し式充電にも対応しています。

懐中電灯機能

デスクライト機能


FM/AMラジオ

スマホ充電機能

手回し充電機能

ソーラー充電機能

自宅避難の停電時にお部屋の明かりとしてランタン代わりになりますよ。
緊急サイレン機能

こちらはデスクライト機能があるのが特長です。

停電時にはこれをテーブルの上に置いて使うことで、ランタンの役割をしてくれます。

手回しラジオライトに必須機能の有無

スマホ・ガラケー充電

iphone、Android、ガラケー対応
AM/FMラジオ
ライト(懐中電灯機能)
サイレン機能
乾電池式充電

ソーラー充電
USB充電
手回し充電
蓄電機能

「Defend ダイナモLEDラジオライトレビュー」はこちら。

Defend ダイナモLEDラジオライト【Defend ダイナモLEDラジオライト 口コミレビュー】ランタン代わりになるスタンドライトが特長

目次へ戻る

スマホ対応ダイナモチャージングラジオライト

購入しました
スマホ対応ダイナモチャージングラジオライト

我が家も購入した防災トップメーカー「LA・PITA」の各防災セットにも採用されています。

我が家が持っているおすすめ防災セットのレビューまとめはこちら。

タイプ別まとめ おすすめ防災グッズ・セットレビュー【タイプ別】おすすめ防災グッズ・セットのレビューまとめと比較【我が家も持っています】 懐中電灯機能
スマホ対応ダイナモチャージングラジオライト懐中電灯機能
手回し充電(実演:3歳児)
スマホ対応ダイナモチャージングラジオライトを回しているところ

USB充電、スマホ充電
スマホ対応ダイナモチャージングラジオライトスマホ充電と本体充電

手回しラジオライトに必須機能の有無

スマホ・ガラケー充電

iphone、Android対応、ガラケーは要変換コネクタ
AM/FMラジオ
ライト(懐中電灯機能)
サイレン機能
乾電池式充電
×
USB充電
手回し充電
蓄電機能

防災トップメーカー採用で、実際に私も持っていますが、これだけ機能が揃っていれば十分です。

スマホ対応ダイナモチャージングラジオライト詳細レビュー。

スマホ対応ダイナモチャージングラジオライト【スマホ対応ダイナモチャージングラジオライト】購入レビュー

パナソニック ラジオ RF-TJ20

手回し充電ラジオ RF-TJ20出典:Panasonic

災害時こそ、しっかり安心して使えるものがいいですね。

パナソニックのラジオは必須機能を満たしていて、しかもコンパクトでおしゃれです。

手回しラジオライトに必須機能の有無

スマホ・ガラケー充電

iphone、Android、ガラケー対応
AM/FMラジオ
ライト(懐中電灯機能)
サイレン機能
乾電池式充電
USB充電
手回し充電
蓄電機能

目次へ戻る

SONY(ソニー)FM/AMポータブルラジオ ICF-B09

ソニー SONY ポータブルラジオ ICF-B09出典:amazon

安心のSONYブランドだけに多少値が張りますが、機能性抜群です。

購入者からの評価も非常に高いです。

充電タイプ別連続使用時間

※詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

FM/AMラジオ・ライト使用時
FM
AM
ライト
手回し充電(約1分間)
約50分
約75分
約15分
単三形乾電池
約80時間
約100時間
約50時間
スマートフォン使用時
連続待ち受け
連続通話
手回し充電(約1分間)
約40分
約1分
単三形乾電池
約16時間
約25分
携帯電話使用時
連続待ち受け
連続通話
手回し充電(約1分間)
約2時間
約1分
単三形乾電池
約50時間
約25分

手回しラジオライトに必須機能の有無

スマホ・ガラケー充電

iphone、Android、ガラケー対応
AM/FMラジオ
ライト(懐中電灯機能)
サイレン機能
乾電池式充電
USB充電
手回し充電
蓄電機能

付属品

ソニー SONY ポータブルラジオ ICF-B09付属品
出典:amazon

付属品は、マイクロUSBケーブル、充電プラグアダプター(docomo/Softbank用、au用)、キャリングポーチ、ハンドストラップに加えて、防災用に非常用の笛がついています!

防災用途を意識して販売されている、防災リュックに入れておきたい多機能ラジオライトです。

目次へ戻る

Defend Future ダイナモLEDラジオライト(乾電池対応)

Defend Future ダイナモLEDラジオライト(乾電池対応)出典:amazon

防災メーカー「Defend」さんのダイナモLEDラジオライトです。

もちろん必須機能をすべて満たしています。

上でご紹介したSONY製の半値程度のため、比較的安価に購入できます。

手回しラジオライトに必須機能の有無

スマホ・ガラケー充電

iphone、Android、ガラケー対応
AM/FMラジオ
ライト(懐中電灯機能)
サイレン機能
乾電池式充電
USB充電
手回し充電
蓄電機能

目次へ戻る

おすすめ手回し充電ラジオライトまとめ

手回し式の充電は乾電池がなくても使える最終手段として、利用できます。

何があっても電源を確保できるというのは心強いです。

大事です。
1分手回しをして、通話できるのは1分程度ですので、ある程度の充電を満たすには時間と労力がかかってしまいます。

手回しラジオライトでスマートフォンを充電するのは、他に充電の手段がなくなった時に限定したほうがよいです。

スマートフォンへを充電するためには、モバイルバッテリーを1つ持っておくことをおすすめします。

普段から持ち歩き用にモバイルバッテリーを1つ用意しておくと、手回しまでしなくても、スマホ数回程度の充電を手軽にすることが可能になります。

「小さい、薄い、軽い」が揃ったおすすめモバイルバッテリーをまとめていますのでご覧ください。
防災用モバイルバッテリー・ポータブル電源【シーン別】防災用モバイルバッテリー・ポータブル電源レビューまとめ

目次へ戻る

必須機能搭載の手回しラジオライトが入った防災セット

我が家も持っている防災セット

手回しラジオライトを単品で買うにしても、一家に一つは防災メーカーの防災セットを用意しておくことをおすすめします。

防災メーカーの防災セットがあれば、最低限の災害時の睡眠対策、衛生対策、防寒対策が手に入ります。

もちろん上記の必須機能を備えた手回しラジオライトも入っていて、価格的にもセット購入が断然お得です。

我が家も購入したコスパが良く品質の高い防災セットのみを比較していますので、下記からご覧下さい。

タイプ別まとめ おすすめ防災グッズ・セットレビュー【タイプ別】おすすめ防災グッズ・セットのレビューまとめと比較【我が家も持っています】

目次へ戻る