防災グッズ・備蓄品の全リスト一覧表

おすすめ防災グッズのランキング&比較レビュー!【我が家も購入済み】

我が家は「防災グッズに埋もれて逃げ遅れるんじゃないか」というくらい、たくさんの防災グッズ、防災セットを持っています。

我が家が持っている(親にもプレゼントした)6つのおすすめできる防災セットの口コミレビューと、我が家は購入していないものの必須アイテムがある程度入っている防災セットを、選ぶポイントとともにご紹介します。

少なくとも我が家が持っているこの6つはハズレなしです。

強くおすすめできる我が家も持っている6つの防災グッズ・セット

おすすめ防災セットとポイント
  1. 【SHELTER】コストパフォーマンス最強
  2. 【ものすごい防災セット プレミアム】女性、お年寄り、お子さん連れに最適のキャリー式リュック
  3. 【3WAY 防災バッグ】おしゃれな防水テント生地のキャリー式リュック
  4. 【OTE(On The Exit)】玄関ドアにくっつく必要最小限のコンパクト
  5. 【ラピタ プレミアム】最上位モデル&おしゃれなテント生地の防水リュック
  6. 【Defend Future Relief】安心の5年保証
もう一度買い直せるとしても、この6つから選ぶくらい満足しています。

第1位:コストパフォーマンス最強の「SHELTER」【11,000円(税別)】

SHELTER全アイテム
SHELTER全商品

【公式限定】会員登録で割引&最安値保証

ポイント還元でなく、現金割引

防災セットで迷ったら「SHELTER」が一番おすすめ

MEMO
防災セットのスタンダードともいえるベーシックなモデル
我が家では購入を検討する際に、10,000円程度で手に入る防災セットでこのSHELTER以上のものを見つけることはできませんでした。

「まずは1つだけ買ってみて確認しよう」という場合など、最初に買うエントリーモデルとしては「SHELTER」がおすすめです。

持ち出し用の防災セットを揃えるにあたり、買わなければいけない必要最小限以上のものはこれで十分にカバーできます。

入っている防災グッズの品質と価格を考えると、コスパ最強なのはこれです。

重さ約5kg
SHELTERを背負っているところ※女性(157cm)でも十分背負える重さです

「SHELTER」は警察、官公庁、企業などへの納品実績があります。

警察や官公庁の厳しい導入基準をクリアできる「アイテムの内容」「実用に耐えうる品質」「コストパフォーマンス」が評価されているのだと思います。

2人用、3人用もありますよ。

「SHELTER」の詳しいレビューはこちらから。

防災セット「SHELTER」防災セット「SHELTER」を買ったレビュー&口コミ!コスパ最強で一番おすすめ

【公式限定】会員登録で割引&最安値保証

ポイント還元でなく、現金割引


 

第2位:女性、お年寄り、子連れなら「ものすごい防災セット プレミアム」【18,500円(税別)】

ものすごい防災セット プレミアム全アイテム
ものすごい防災セットプレミアム

【公式限定】会員登録で割引&最安値保証

ポイント還元でなく、現金割引

防災セットを2つ以上買うなら、1つは「ものすごい防災セット プレミアム」にするのがおすすめ

MEMO
このキャリー式リュック+中身充実の防災グッズはものすごい
実際、必要なものを詰めていくと、必ず重くなります。

「緊急時はリュックとして背負える」「少し落ち着いたらキャリーで転がせる」というのは、健康な人であっても随分ラクです。

緊急時だけ背負う
母親がものすごい防災セットプレミアムを背負ったところ※背負ってステッパーをはじめる母(70代)
緊急時以外は転がせる
母親が実際にものすごい防災セットプレミアムを転がしているところ※「緊急時以外は転がせるのがラク」と家の中で転がす母(70代)

保存水や非常食など、家族の重い荷物だけをこのキャリーリュックに集約する手もあります。

女性の方やお年寄り、妊婦さんやお子さん連れの方は特に、キャリー式リュックの「ものすごい防災セット プレミアム」がおすすめです。

「ものすごいって自ら名づけるのはどうなんだろう」と最初思っていました。

届いたら「ものすごいのなんの!」

私は段ボール箱からキャリーリュックを取り出した時点で「これは正解だった」と感じました。

「旅行用カート顔負け」の頑丈さですし、中に入っている防災グッズは「SHELTER」の内容を基本に、「夏蒸れない、冬暖かいエアーマット」や非常食など、さらにバージョンアップしたものになっています。

親は年齢を重ねると足が悪くなったりしますので、先々を考えるとキャリー式リュックがいいと思い、我が家では両親にプレゼントしました。
このキャリーリュック+中身の防災グッズは、トータルで最強の防災セットだと思います。

2人用、3人用がありますので、特にファミリー向けです。

「ものすごい防災セット プレミアム」の詳しいレビューはこちら。

ものすごい防災セットプレミアム「ものすごい防災セット プレミアム」レビュー!高齢者、女性、赤ちゃん連れにおすすめ

【公式限定】会員登録で割引&最安値保証

ポイント還元でなく、現金割引


 

第3位:おしゃれな防水テント生地のキャリー式リュック「3WAY 防災バッグ」【30,000円(税別)】

3WAY 防災バッグ全アイテム
3WAY 防災バッグの防災グッズ全商品

\ バッグのみの購入も可能 /

おしゃれな防水テント生地キャリーリュック

MEMO
キャリーリュック単品でも購入できます。
キャリーリュック単体で見ると、これが一番クオリティが高いです。
持つ
3WAY 防災バッグを持っているところ
緊急時だけ背負う
3WAY 防災バッグを背負っているところ
転がす
3WAY 防災バッグを転がしているところ
本格的なキャリーリュックの防災セットで、これ以上にカッコいいのは見たことがありません。

ご夫婦お2人の家族や一人暮らしの方で、避難時にはある程度荷物を持ち出したいという方に適していると思います。

中に入っているアイテムも意外なものが入っていて、かなり魅力的ですよ。

「3WAY 防災バッグ」の詳しいレビューはこちら。

3WAY 防災バッグ アイキャッチ持つ・背負う・転がす「3WAY 防災バッグ」(ミヤビワークス)口コミレビュー

\ 旅行用のような高いデザイン性 /


 

第4位:玄関ドアにくっつく必要最小限のコンパクト「OTE(On The Exit)オリジナル防災バッグ」【18,857円(税別)】

玄関ドアに付けて必ず持ち出せる
OTEを玄関に取り付け

\ 高いデザイン性の全貌はこちら /

必要最小限なのでミニマリストの方にピッタリ

33cm角・厚さ10.5cm
OTEを玄関に取り付け(斜め)

マグネットが玄関ドアにくっつくので、必ず持ち出せる&保管場所を取りません。

言われなければ、防災バッグとは気づきませんよね。
背負ってもカッコいい
OTEを背負ったところ
OTE オリジナル防災バッグ全アイテム
OTE(On The Exit)全商品
MEMO
防災バッグ単品でも購入できます。
一人暮らしの方、必要最小限の防災グッズにしたい方、おしゃれなものがいい方にはこれ以上ないミニマムサイズです。
防災グッズを含めてもわずか3kgほど、中身もカッコいいんです。

「OTE(On The Exit)」の詳しいレビューはこちら。

オリジナル防災バッグ OTEアイキャッチ必要最小限のおしゃれな防災セット「オリジナル防災バッグ OTE(On The Exit)」(ミヤビワークス)口コミレビュー

\ バッグのみの購入も可能 /


 

第5位:おしゃれな防災セット「ラピタ プレミアム」【18,333円(税別)】

ラピタ プレミアム全アイテム
ラピタプレミアム全商品

【公式限定】会員登録で割引&最安値保証

ポイント還元でなく、現金割引

防水テント生地リュックの中は、かゆいところに手が届く防災グッズが満載

MEMO
防水のテント生地リュックと最も充実したアイテム群の最上位モデル
防災トップメーカー「LA・PITA」の中でも最上位に位置する防災セットです。

それでも1万円台で購入可能です。

重さ約6kg
ラピタプレミアムを背負っているところ※防水仕様のおしゃれなリュックはポイント高いです!

ラピタ最上位モデルだけに、アイテムの質・内容は一番ですが、やはり目に留まるのはおしゃれなリュック。

反射板搭載など、安全にも考慮されたテント生地を使ったクオリティの高い防水リュックです。

防災セットは「買い直さないこと前提」なので、しっかりとした品質の高いものを選び、数十年間、災害に対して万全の準備でいたいです。

2人用もありますよ。

「ラピタ プレミアム」の詳しいレビューはこちら。

防災セット「ラピタプレミアム」LA・PITAの最高におしゃれな防災セット「ラピタ プレミアム」のレビュー

【公式限定】会員登録で割引&最安値保証

ポイント還元でなく、現金割引


 

第6位:安心の5年保証「Defend Future Relief」【12,777円(税別)】

Defend Future Relief全アイテム
Defend Future Relief(ディフェンドフューチャーレリーフ)全商品

5年保証がついた「Defend Future Relief」は品質の高さに自信あり

MEMO
5年保証が付けられる品質

この防災セットを買った決め手は「安心の5年保証」がついていることです。

「何かあったら5年保証があるから交換してもらえる」ということもありますが、それよりも、品質に自信を持って販売しているという点が評価できますね。

もちろん、セット内容を見て、必要なものがひと通り揃っていることを一番最初に確認しています。

重さ約7kg
Defend Future Reliefを持つ母※「背負った方が軽く感じるわ」とステッパーの母(70代・足腰強め)

「Defend Future Relief」がその他の防災セットと違うところで目立つのはランタンの機能を果たすデスクライトがダイナモラジオと一体型になっているところ。

この手の多機能ライトが入った防災セットを「Defend」以外でほぼ見かけたことはありません。

「SHELTER」同様、ベーシックな防災セットです。

「Defend Future Relief」の詳しいレビューはこちら。

防災セット「Defend Future Relief」5年保証付き防災セット「Defend Future Relief」購入口コミレビュー


 

主要な4つのおすすめ防災セットのアイテム全リスト比較表

※各商品とも1人用で比較。赤字が異なる部分です

Shelter
Shelter
ものすごい
ものすごい防災セットプレミアム
3WAY
3WAY 防災バッグ
ラピタプレミアム
ラピタプレミアム
価格 11,000円(税別) 18,500円(税別) 30,000円(税別) 18,333円(税別)
全重量 約5kg 約8kg 約7kg 約6kg
リュック リュック、35L、500g、H55×W31×D21cm キャリーリュック、27L、H47×W32×D24cm キャリーリュック、27L、H51×W34.5×D22cm おしゃれリュック、24L、H46×W33×D16cm
保存水 7年保存水500ml×3本 7年保存水500ml×3本 5年保存水500ml×3本 7年保存水500ml×3本
水タンク 6リットル 6リットル 3リットル 10リットル
非常食 7年保存アルファ米3味×各1食、5年保存ライスクッキー5年保存野菜ジュース1本 5年保存アルファ米3味×各1食、7年保存クッキー5年保存野菜ジュース2本 5年保存アルファ米2味×各1食、生命のパン 5年保存アルファ米3味×各1食、5年保存ミルクスティック
ダイナモライト LEDライト、AM/FMラジオ、携帯・スマホ充電、手回し蓄電機能、USB充電 LEDライト、AM/FMラジオ、携帯・スマホ充電、手回し蓄電機能、USB充電 LEDライト、AM/FMラジオ、携帯・スマホ充電、手回し蓄電機能、USB充電 LEDライト、AM/FMラジオ、携帯・スマホ充電、手回し蓄電機能、USB充電
ヘッドライト なし なし あり なし
ホイッスル 光る95dB 光る95dB あり(光なし 光る95dB
防災用キャップ なし なし あり なし
ランタン LED12灯 LED12灯 なし LED12灯
アルミブランケット 213×137cm 213×137cm 圧縮毛布 213×137cm
寝袋 100×200cm 100×200cm なし 100×200cm
エアーマット あり あり あり(空気入れ付 あり
簡易トイレ あり あり あり あり
目かくしポンチョ 幅99cm×高さ119cm 幅99cm×高さ119cm なし 幅99cm×高さ119cm
レインコート 長さ110×幅65×腕78cm 長さ110×幅65×腕78cm 長さ110×幅65×腕78cm 長さ110×幅65×腕78cm
体ふきシート 70枚入り 70枚入り 30枚入り 70枚入り
ウェットティッシュ なし なし 防災用5年保証 なし
洗濯パック あり あり なし あり
マスク あり あり あり(3M防塵 あり
軍手 あり あり あり あり
単三電池 あり あり あり あり
救急セット あり あり あり あり
水なしシャンプー なし あり あり あり
衣類圧縮袋 なし あり なし あり
歯磨き なし なし なし 水なし歯磨きシート
発熱剤 なし なし モーリアンヒートパック Mサイズ1個入 モーリアンヒートパック Mサイズ3個入
アイマスク・耳栓 なし なし なし あり

どの防災セットを選ぶかの決め手

選ぶポイント

我が家は両親にプレゼントしたものも含めると、すべて持っています。
結論を言いますと、どれを選んでもハズレはありません。

安価にしっかりと揃えるのであれば、「SHELTER」が中身、価格ともにベストなチョイスです。

私は「SHELTER」が日本一コスパのいい防災セットだと思っていますので、迷ったらこれです。

子供連れやお年寄りの方、女性など防災セットの重さが気になる方は「ものすごい防災セット プレミアム」がおすすめですね。

このラクさは他の防災セットで替えが効くものではなく、夫婦どちらかがこれを持つのがベストだと私は考えています。

「ものすごい防災セット」はキャリーリュックの単品購入ができないので、キャリーリュックのみ欲しい場合は「3WAY 防災バッグ」を選びましょう。

2人家族、3人家族、4人・5人以上の家族の方は、無駄なく賢く選ぶ方法もご紹介していますのでこちらもご覧ください。

我が家では購入していないけど必須アイテムをカバーしている防災セット

防災セットは多数販売されていますが、その中でも必須アイテムをある程度抑えている、「これならおすすめできそう」と私が思ったものだけをご紹介します。

足りないものは「これが足りない」と書いていますので、一目瞭然です。

地震対策30点避難セット(防災防犯ダイレクト)

地震対策30点避難セット

出典:amazon

全重量 約5kg
リュック 約38.5×29×13cm(反射板、蓄光板付き)
水、非常食 500ml保存水(5年保存)×4、水タンク(3L)、5年保存缶詰パン×3
アイテム 手回し蓄電ダイナモライト(LEDライト、AM/FMラジオ、携帯・スマホ充電器、サイレン)、ホイッスル
防寒・睡眠対策 エアーまくら、アイマスク、耳栓、アルミブランケット、カイロ×2
衛生用品 簡易トイレ×3、水のいらないシャンプー、マスク、アルコール除菌ジェル、三角巾
その他 救急セット、布ガムテープ、単3乾電池×4、レインコート、レジャーシート、スリッパ、マルチツール、食品加熱袋、加熱剤
追加で揃えたいもの
  • エアーマット

こちらもおしゃれな防水・防炎のリュックが特徴的な防災セットです。

ラピタプレミアム」と同価格帯、同じコンセプトです。

アルファ米ではなくパン、ウェットティッシュではなくアルコール除菌ジェル、エアーマットではなく、エアーまくらといった風に、多くの防災セットとは少し趣が異なっています。

リュックが小さいため、持ち出すものが少ない方やできるだけコンパクト・ミニマルな防災セットをお考えの方におすすめです。

具体的におすすめなのは、持ち出す量が少ないと思われる、若い一人暮らしの方ですね。

ちなみにもし私がこの防災セットを買うなら、エアーマットを別で購入して追加します。

ラピタプレミアムもそうですが、テント生地のリュックの頑丈さ・安心感は抜群で、ずっと触っていたくなる質感です。

決してお安くはないですが、価格以上の違いがあります。

非常用持ち出し袋36点セット(HIH)

非常用持ち出し袋36点セット(HIH)

出典:amazon

全重量 約4.5kg
リュック 20L(反射板なし)
水、非常食 500ml保存水(5年保存)×3、水タンク(3L)、カンパン×1、えいようかん5本入×1
アイテム 手回し蓄電ダイナモライト(LEDライト、ワイドFMラジオ、携帯・スマホ充電器)、モバイルチャージャー、小型LEDランタン(単三電池×4)、笛
防寒・睡眠対策 エアーマット、アルミブランケット、簡易寝袋、カイロ×2
衛生用品 簡易トイレ2個(凝固剤10個)、ポリ袋10枚、3Mマスク×2、ウェットティッシュ、歯ブラシ×2、ポケットティッシュ×2、三角巾
その他 救急セット、軍手、ロープ、レインコート、防災頭巾、スモークシャットアウト
追加で揃えたいもの
  • リュックの反射シート
  • 防水対策

ひと通り必要なものが入った防災セットです。

SHELTER」や「Defend」と異なり、アルファ米などの非常食がなく、防災頭巾3Mのマスクを採用されている特徴があります。

煙の中や空気が悪い中、避難する場合に使えるスモークシャットアウトはいいですね。

単品でも安価に買えますので、持っておくと心強いですが、リュックのポケットに入れてすぐに使えるように用意しておかないと、いざという時に使えませんので、入れる場所も工夫しておきたいところです。

こちらを購入される方は、リュックに反射シートを貼るといいですね。

防水対策もしておきましょう。

Relieved Life 防災セット 43アイテム (Relieved Life)

Relieved Life 防災セット 43アイテム

出典:amazon

全重量 約3.8kg
リュック 約52×32×16cm(反射板付き)
水、非常食 500ml保存水(5年保存)×2、水タンク(3L)、コック付き給水タンク、アルファ米×2
アイテム 手回し蓄電ダイナモライト(LEDライト、FMラジオ、携帯・スマホ充電器)、スマートフォン充電器、ホイッスル
防寒・睡眠対策 アルミブランケット、簡易寝袋、冷熱遮断シート、アルミポンチョ、まくら、耳栓、アイマスク
衛生用品 簡易トイレ×1(凝固剤×1)、携帯用ミニトイレ×1、ゴミ袋10枚、流せるティッシュ×2、マスク×3、ウェットティッシュ×1、歯磨きセット、タオル、エコバッグ
その他 救急セット、ロープ、軍手、反射板たすき、ろうそく×10、レインコート、レジャーシート、スリッパ、マルチツール、発熱剤×2、ボールペン、スモークシャットアウト
追加で揃えたいもの
  • ランタン
  • エアーマット

アイテム数が多い防災セットです。

エコバッグ流せるティッシュなど細かな部分に気配りができている感じがします。

反射板たすきというのもいいですね。

このような人命に直結する部分は重要です。

コック付き給水タンクも、実際に使用する際の利便性が考えられていて、あると便利ですよね。

大事です

ろうそくが入っていますが、ろうそくなどの裸火は火事を誘発するため、消防庁が使用を控えるように呼びかけを行っています。

乾電池式のランタンなどで代用しましょう。

プラスでエアーマットがあるといいなと思います。

スマート防災セット(ジオナ)

全重量 不明
リュック 約29.5×37x17cm(反射テープ付き)
水、非常食 500ml保存水(5年保存)×3、水タンク(3L)、5年保存アルファ米×2、5年保存缶詰パン×2、5年保存粉末味噌汁×1、6年保存スーパーバランス2本入×1、5年保存栄養補給食品×1
アイテム 手回し蓄電ダイナモライト(LEDライト、AM/FMラジオ、携帯・スマホ充電器、サイレン)、笛
防寒・睡眠対策 エアーマット、アルミブランケット
衛生用品 簡易トイレ5回分×1、歯磨きシート、マスク×7、消毒ウェットティッシュ10枚入×1、ポケットティッシュ×2
その他 救急セット、おかん器(発熱剤)、多目的ポンチョ、レインコート、軍手

防水・防炎のターポリン生地を使ったリュックが特長の防災セットです。

上で紹介している「ラピタプレミアム」と同価格帯、同じコンセプトですね。

中身も必須アイテムをしっかりと抑えた充実した内容です。

栄養補給食品を含め、非常食がとてもしっかりしている印象ですね。

この防災セット、とてもいいと思います。

一点、せっかくリュックが防水なので、ファスナー部分も防水(止水ファスナー)だったらさらによかったかなと思います。

【2019年最新モデル】防災セット スマート 1人用 3日分(非常食9食、保存水500ml6本) 男性用 女性用

【3日間安心】非常持出袋避難セット(ピースアップ):約9.8kg

【3日間安心】非常持出袋避難セット(ピースアップ)

出典:amazon

全重量 約9.8kg
リュック 約56×35×21cm(反射板なし)
水、非常食 500ml保存水(10年保存)×6、アルファ米(7年保存)×6、フリーズドライビスケット(7年保存)×3
アイテム 手回し蓄電ダイナモライト(LEDライト、AM/FMラジオ、携帯・スマホ充電器、サイレン)、モバイルチャージャー、小型LEDランタン(単三電池×4)、ホイッスル
防寒・睡眠対策 アルミブランケット、カイロ×3
衛生用品 簡易トイレ×3、ゴミ袋×10枚、マスク×5、ウェットティッシュ20枚入、水に流せるペーパー×3、歯ブラシ(歯磨き粉付)×3、タオル×2
その他 救急セット、軍手、ロープ、アルミポンチョ、防災頭巾、スリッパ、ブルーシート、ライター、万能ナイフ、ローソク
追加で揃えたいもの
  • 水タンク(ウォーターバッグ)
  • ランタン
  • エアーマット
  • 寝袋

保存水、アルファ米が6つずつ入っている防災セットです。

通常3つずつが一番多い組み合わせですが、飲む・食べるは「要」なので、多くあるに越したことはありません。

リュックは大きいので、必要なものをまだまだ入れることができます。

概ね必要なものが入っていますが、水タンク、睡眠対策があまりないので、別で購入しておきましょう。

大事です

上でも書きましたが、ローソクなどの裸火は火事の元になりますので、使わないようにしましょう。

おすすめ防災セットまとめ

防災セット・防災グッズは欲しいと思った時に買えない

過去の災害でおわかりの方もいらっしゃると思いますが、災害が起きた後、「欲しい時に売り切れている」「注文しても納品は3ヵ月後」、これが防災グッズ・防災セットです。

しかも、しっかりとしていて「欲しいと思う商品」ほど、この傾向が顕著で、我が家が購入したラピタの防災セットは、納品が4~5ヶ月先ということもありました。

欲しい防災セットが品切れになっていても、災害直後は心理的に不安が強いため、とりあえず在庫があるものを購入します。

そうすると、後になってそれでは「不十分である」ことに気づいて買い直したくなるんですよね。

つまり防災グッズは、「さほど欲しいと思っていない時に買っておかないといけない」という、通常の物品の購買動機とは違う、「人間としてちょっと難しい判断」をしないといけないんです。

保険に少し似ていますが、毎月費用はかからないので、保険よりハードルは低いですね。

防災セットや防災グッズをたくさん買って比べてみてよくわかりましたが、しっかりとした防災メーカーのアイテムは、一見気づかないところにも「防災知識」が詰まっています。

「実用的な防災セット」をできることなら「欲しくない時(災害が起きる前)」に購入されることをおすすめします。

これが、買い直しを防ぐ方法でもあり、しっかりとした防災セットであるがゆえに、それを持っていることで5年先、10年先まで「準備ができているという安心」を得ることにもつながりますよ。

防災トップメーカー「LA・PITA」公式サイトはこちらから

おしゃれな防災メーカー「ミヤビワークス」公式サイトはこちらから