【防災・避難42点セット(2人用)レビュー】おしゃれなリュックの防災セット【セーフティプラス】

防災・避難42点セット

おしゃれなリュックの防災セット、Safety Plus(セーフティプラス)さんの「防災・避難42点セット(2人用)」をレビューしていきます。

中身は1人用と2人用がアリ
防災・避難42点セットのリュック外観

防災リュックではあまり見ないかわいいデザインがいいですね!
2人用をレビューしますが、1人用も同時に説明していきます。
MEMO
本記事はメーカー様に商品を提供いただき作成しています。

防災・避難42点セット(2人用)全アイテムをレビュー

防災・避難42点セットの全商品

防災・避難42点セット(2人用)を全アイテム1つずつ検証していきます!

おしゃれなリュック

防災・避難42点セットのリュック正面

ウォッシュがかかったブラックデニムのようなおしゃれな生地のリュックです。

大事です
「EMERGENCY BAG」の部分は反射材になっているため、停電時や夜間の避難・外出時にドライバーからの視認性が高まります

反射材部分以外は、いい意味で防災リュックらしくないので、「防災感の強いのはちょっと…」という方にもいいですね。
防災・避難42点セットのリュック側面

入れる部分のポケットは前面に1つとメイン2つの計3ヶ所。

防災・避難42点セットのリュックポケット

2人用は8~9割程度の防災グッズが詰まっています。

持つ
防災・避難42点セットのリュックを持ったところ

リュックは「持つ」「背負う」の2WAY。

後ろのポケットを開けると
防災・避難42点セットのリュック背面

防災・避難42点セットのリュックのショルダーストラップ

中にショルダーストラップが収納されていますので、それを取り出します。

防災・避難42点セットのバックル収納

そして、角にバックルが収納されていますので、それを外側に出して

防災・避難42点セットのリュックのバックル装着

装着すれば

防災・避難42点セットのリュック完成

リュックの完成です。

持つ時には、ショルダーストラップが邪魔になるので、中に収納できるのは便利ですよね。
防災・避難42点セットのリュックを背負ったところ

背負っても、しっかりフィットしますよ。

やっぱりデザインが好きですね。

保存水

北アルプス立山連峰5年保存水のパッケージ

保存水は、北アルプス立山連峰5年保存水(500ml)が6本入っています。(1人用は3本)
北アルプス立山連峰5年保存水の賞味期限

賞味期限は5年なので、5年ごとの買い替えなら、ラクですね。

北アルプス立山連峰5年保存水の災害ダイヤル案内

ラベルには、災害時に家族などとの貴重な連絡手段となる「災害用伝言ダイヤル」の案内があります。

北アルプス立山連峰5年保存水の成分

富山で採水された軟水ですので、赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲めます。

北アルプス立山連峰5年保存水の試飲写真

柔らかくておいしいお水ですよ。

非常食

安心米 わかめ(5年保存)

安心米わかめパッケージ

私も備蓄していて食べたことのある安心米。

アルファ化されているお米をお水で戻して食べるおいしい非常食です。

2人用は「安心米 わかめ」が2つ入っています。(1人用は1つ)
中身はこんな感じ
安心米わかめの中身

スプーン付きで、熱湯なら15分、お水なら60分戻せば、できあがりです。

安心米わかめの調理後

お米がおいしく、わかめの量が多くて、磯の香りがたまりませんね。

安心米の実食レビューはこちら

ブルボン カンパン(5年保存)

ブルボン カンパンパッケージ

非常食として有名すぎる、5年保存「ブルボン カンパン」。2人用は4缶、1人用は2缶入っています。

ブルボン カンパン中身

このキャンデーが入っているのがいいんですよね!(数えたらキャンデー6粒入ってました)

カンパン試食写真

黒ごまの風味が香ばしくて、昔ながらの「ほっ」とする味ですね。

災害時には、子供やお年寄りはもちろん、大人も疲弊してしまいますので、おやつがあると癒しの一つになり、とても大事なメンタルケアにもつながります。

ラジオ付き手回しライト

ラジオ付き手回しライト外観

レトロなデザインでかわいいですね。
全機能
  • 懐中電灯機能(5LED)
  • ランタン機能(8LED)
  • AM/FMラジオ
  • 緊急サイレン機能
  • 手回し充電
  • ソーラー充電
  • USB充電
  • 乾電池充電
  • スマートフォン充電機能(iphone・Andoroid)

懐中電灯機能(5LED)

ランタン機能(8LED)

AM/FMラジオ


サイレンもここで鳴らすことができます。

本体への充電は充実の4種類

手回し充電
手回し充電機能
ソーラー充電
ソーラー充電機能
USB充電
USB充電機能
乾電池充電
ラジオ付き手回しライトの乾電池充電

乾電池も4本ついていますよ!

スマホ(iphone、Android)の充電可能

iphone、Android充電ケーブル

スマートフォン(iphone、Android)充電可能なUSBケーブルがついていますので、これを本体につなぐことで、情報収集や連絡に必要なスマホの電池切れの心配もありません。

エアーマット

2人分
エアーマットパッケージ

避難所では物資到着までに時間がかかりますので、特に子供やお年寄りはエアーマットがないとしんどいと思います。
子供がエアーマットに寝ているところ

避難後すぐにこのマットがあれば、底冷えを解消し、夜は寝られますし、昼間は横になったり、ソファ代わりにも使えます。

大人がエアーマットに寝ているところ

息を吹き込んで空気を入れましたが、1分かかりませんでしたので、「空気入れ」なしで問題ないですよ。

簡易寝袋

2人分
簡易寝袋パッケージ

防寒にはかかせないアルミの寝袋です。
寝袋+エアーマット
簡易寝袋とエアーマットで寝ているところ
このアルミ寝袋とエアーマットと組み合わせると、外気・地面の両方から体温を奪われにくいので、防寒の強い味方となってくれます。

フード付きアルミポンチョ

2人分
フード付きアルミポンチョパッケージ

フード付きアルミポンチョの役割
  • 避難所等の着替え用目かくし
  • 緊急用トイレの目かくし
  • 雨、寒さ対策
フード付きアルミポンチョを着たところ

「避難所で着替えるのはちょっと」という場合には外に出て着替えることになりますが、そこにもプライバシーの問題があります。

目かくし用のポンチョは1つ持っておくと便利です。

カイロ

カイロ

防寒対策、カイロは冬場の特に避難初期に役立ちます。

1人用、2人用いずれも2枚です。

レインコート

2人分
レインコート

レインコートも大事なアイテムなので、必ず持っておく必要があります。

レインコートを着たところ

避難できても、水を伴う災害の場合、「着替えがない、足りない」という問題が出てきます。

「避難者、着替えが足りない」倉敷市長、支援呼びかけ(朝日新聞デジタル)

着替えをたくさん持って避難できればいいですが、現実的ではありませんので、せめて避難時に着ている服が濡れないよう、レインコートは必須です。

マスク

マスク

1人用、2人用いずれも3枚入っています。

非常用トイレ

非常用トイレのパッケージ

1人用、2人用ともに3回分入っています。

非常用トイレの中身

非常用トイレの中身
  • 汚物袋
  • 凝固剤
  • 消臭剤

自宅避難の際は、便器に汚物袋を被せて使用し、屋外での使用の場合は、袋を広げてその中に用を足して使用します。

避難所のトイレが混んでいる時などは屋外での使用になりますので、目かくしポンチョはやはり必要ですね。

ホイッスル

大音量ホイッスル

118dBの大音量ホイッスル。バッグやポーチに入れて毎日持ち歩くようにしましょう。

polyskyホイッスル

1人用、2人用ともに1つのため、2人でお使いの場合は、もう1つホイッスルを用意しておくことをおすすめします。

polyskyホイッスルを子供が吹いているところ

マルチツール

マルチツール

十徳ナイフとも呼ばれるアウトドアでも使い勝手の良いアイテムです。
機能
  • ナイフ
  • ミニナイフ
  • ノコギリ大
  • ノコギリ小
  • ハサミ
  • 缶切り
  • 栓抜き
  • ドライバー
  • コルク抜き

非常用給水袋(5L)

非常用給水袋

自宅避難の際は、断水前にこの給水袋に水を汲んだり、自治体や自衛隊などから給水してもらう時に使います。

LEDミニライト

LEDミニライト

小さいので、毎日持ち歩くバッグやポーチに入れておいてもいいですね。
LEDミニライト点灯

外出時の停電や、救助の際にも役立ちます。

ロープ

ロープ

ロープは救助に使われるイメージがありますが、物を運ぶ際に使ったり、固定したりと1本持っておくと便利です。

軍手

軍手

災害時には、ガレキやガラスの割れた破片などもありますので、軍手を付けて避難しましょう。(リュックの一番上かポケットに入れておくのがいいですね)

救急セット

救急セット

内容
  • 三角巾
  • ピンセット
  • 包帯
  • 絆創膏
  • ハサミ
  • 安全ピン
  • 止血帯
  • ガーゼ
  • 爪切り
  • ポーチ

ビニールポーチ

ビニールポーチ

こういったのが意外と使えるんですよね。
ビニールポーチ使用例

初期状態では写真のようにアイテムが入っていますが、濡れたものや汚れたものを入れてもいいですし、逆に濡れてはいけないものを入れることもでき、便利です。

目次へ戻る

防災・避難35点セット(1人用)と防災・避難42点セット(2人用)のアイテム比較

セット内容 35点セット(1人用)
防災・避難35点セット
42点セット(2人用)
防災・避難42点セット
リュック 1つ(約43cm×31cm×15cm) 1つ(約43cm×31cm×15cm)
保存水 5年保存水500ml×3 5年保存水500ml×6
給水袋 5L×1 5L×1
非常食 安心米わかめ×1食、ブルボンカンパン×2 安心米わかめ×2食、ブルボンカンパン×4
多機能ダイナモラジオライト 1つ
LEDライト、AM/FMラジオ、携帯電話・スマホ充電、手回し充電・ソーラー充電機能、USB充電
1つ
LEDライト、AM/FMラジオ、携帯電話・スマホ充電、手回し・ソーラー充電機能、USB充電
ホイッスル 大音量118dB×1 大音量118dB×1
エアーマット 1つ 2つ
アルミ寝袋 1つ(100×200cm) 2つ(100×200cm)
非常用トイレ 3枚 3枚
アルミ着替えポンチョ 1つ(101cm×127cm) 2つ(101cm×127cm)
カイロ 2つ 2つ
レインコート 1つ 2つ
マスク 3つ 3つ
軍手 1組 2組
ロープ 1つ 1つ
マルチツール 1つ 1つ
LEDミニライト 1つ 1つ
折りたたみコップ 1つ なし
ブランケット 1つ なし
レジャーシート 1つ なし
USB充電ケーブル(iphone、Android対応) 1つ 1つ
ビニールポーチ 1つ 1つ
電池 単三電池 4本 単三電池 4本
救急セット 1つ 1つ
折りたたみコップ、ブランケット、レジャーシートは1人用のみ入っていますので、1人用もお得なんですよね。

目次へ戻る

防災・避難42点セットまとめ

防災・避難42点セットのリュックを背負ったところ

防災セットはどれを買っても「完璧」ということにはなりません。

自宅避難の備蓄に保存水や非常食はさらに必要ですし、その他にも買い増すべきものが出てきます。

でも、一度揃えてみないと、「何が足りないのか」見えてこないんですよね。
防災・遭難42点セット全商品

すべてを単品で揃えようとすると、必ず割高になってきますので、この「防災・避難42点セット」のような防災セットをベースに、適宜追加していくのが一番効率的で、安く上がります。

「防災・避難42点セット」は、からだ拭きシートや水のいらない歯磨きシートなどの衛生グッズもう少しあるといいなという印象ですが、大事なのは防災リュック、手回しラジオ付きライトなどの、単品で買うと比較的単価の高いものなんですよね。

単価の安いものは単品で買いやすく後で追加できますので、1つ防災セットを買って、そこに細々としたものを追加するのがベストですよ。
2人用
1人用

我が家が持っている防災セットまとめ記事はこちら。

タイプ別まとめおすすめ防災セット【タイプ別】おすすめ防災グッズ・セットのレビューまとめと比較【実物で検証】

目次へ戻る