おすすめの防災リュック(非常用持ち出し袋)単品と選び方【購入レビュー】

防災リュック(非常用持ち出し袋)

おすすめの防災リュック(非常用持ち出し袋)単品と選び方をご紹介します。

まだ防災グッズの中身をお持ちでない方は「防災セットレビューまとめ」をご覧ください。

リュック単品よりも、セットで買う方がお得です。

タイプ別まとめおすすめ防災セット【タイプ別】おすすめ防災グッズ・セットのレビューまとめと比較【実物で検証】

防災リュック(非常用持ち出し袋)の選び方

防災リュック選びのポイント
  • 反射材がついていること
  • 背負って走るため、疲れにくい仕様
  • 雨に濡れても大丈夫な撥水・防水性のある生地
  • 避難時・避難後を想定したサイズ

おすすめリュックへスキップする↓

反射材は安全面で必須

ラピタリュックの反射材

反射材がついていることは必須です。

災害時は停電しますが、車は走っています。

親子数人で歩いていると後ろから来た車は歩行者に気づかないことも考えられます。

memo
災害時に事故に遭うと、救急車は通常時より時間がかかりますし、病院まで行けても、停電時は非常用電源になっていることもあり、通常の対応が難しい場合があります。

反射材があれば、ヘリからの捜索時にも光るため、救助の可能性が高まります。

反射材がついていないリュックは、シール式のものもありますので後付けで貼っておきましょう。

背負って走るため、疲れにくい仕様

70代の母です
ものすごい防災セットのリュックを背負った母

災害時には、背負って走ることもある防災リュック。

「肩ズレしない」「体感の重さを軽減させる仕様」であることが望ましいです。

60代以上の方には、私が両親にプレゼントしたキャリーリュックの「ものすごい防災セット プレミアム」(下の該当箇所へジャンプ)をおすすめします。

クッション入りショルダーベルトとフロントストラップ

また、あるといいのが、前で留めるフロントストラップ。

荷物が重いほど、これがあると安定します。

数年おきに買い直すものではありませんので、防災メーカーの防災に特化したリュックがベストです。

雨に濡れても大丈夫な撥水・防水性

テントで使われるターポリン生地
ラピタリュックのターポリン生地

災害は地震だけでなく、豪雨災害も増えており、雨天時の避難も考えられます。

傘を差す余裕はなく、準備万端でレインコートを着用して避難できるとも限りません。

中に入れたものが水浸しにならないために、撥水・防水性のある素材が望ましいです。

「自分の今持っているリュックを使う」という方は、中に大きなビニール袋を入れてその中にアイテムを入れておくといいですね。

避難時・避難後を想定したサイズ

ラピタリュック内側

背負うことを考えると重さの問題もあるため、アイテムを厳選する必要があります。

一方、準備を万全にしようとすると物が増えて重い、でもなるべく持ち出したい。
  • 必要最小限に絞って、避難を優先する
  • 避難後の生活を考えて、十分な量・内容を用意する

水害対策用OTEバッグを背負って避難するところ

お住まいの地域、災害の種類、家族構成・年齢、持病など、それぞれの方にさまざまな条件があるため、どちらが正しいとはいえません。

避難グッズの必要度合いは増している、でも逃げ遅れたら意味がない。

ご家族で話し合ったり、単身の方は前もって考えておく必要があります。

目次へ戻る

おすすめの防災リュック・非常用持ち出し袋

おすすめの防災リュック

おすすめの防災リュック・非常用持出袋をご紹介します。

3WAY 防災バッグ(容量約27L)

3WAYバッグ 斜めの外観

3WAY 防災バッグの詳細

持つ
3WAY 防災バッグを持っているところ
背負う
3WAY 防災バッグを背負っているところ
転がす
3WAY 防災バッグを転がしているところ
イエローが効いた裏地
3WAYバッグ 中身の袋
ポケットは前と横に3ヶ所
3WAYバッグ サイドファスナー

キャリーリュックの単品購入はこの3WAY防災バッグがおすすめです。
memo
避難時に大事な反射板がついていませんので、シール式のものを付けておくことをおすすめします。

3WAY防災バッグの仕様一覧

サイズ H51cm×W34.5cm×D22cm
容量 約27L
素材・材質 本体部/ターポリン
カラー ホワイト/ブラック
防災対策 防水

「3WAY 防災バッグ」レビュー詳細はこちらから。

3WAY防災バッグ【3WAY 防災バッグ レビュー】キャリーで転がすこともできるミヤビワークスの防災セット【評判・口コミ】

目次へ戻る

ラピタ防災リュック(容量約24L)

ラピタリュック

ラピタリュックの詳細

容量24L
ラピタリュック容量

これくらいのサイズであれば、必要な防災グッズはひと通り入ります。
暗闇でも光る安全性
ラピタリュック前面

反射材と蓄光板がついていますので、停電時の避難に運転中のドライバーからの視認性が高まります。

私が背負ったところ
ラピタプレミアムを背負っているところ
母が背負ったところ
ラピタリュックを背負う母横向き
母の背面
ラピタリュックを背負う母背面
安定して動けるフロントストラップ
ラピタリュックのフロントストラップ

クッションが効いていてフロントストラップもついていますが、お年寄りの方にはキャリー式リュックの「ものすごい防災セット プレミアム」(レビュー記事へリンク)をおすすめします。
テントに使われるターポリン生地
防災リュック防水ターポリン生地

防水タイプのリュックです。

ポケットは背面と内側の2ヶ所
ラピタリュック背面ポケット

このLA・PITAリュックは、ファスナー部分も防水仕様(止水ファスナー)のため、水が沁みこんで中身が濡れることはありません。

ラピタリュック上部カバー裏面ポケット

ラピタリュックの仕様一覧

サイズ H46cm×W33cm×D16cm
容量 約24L
素材・材質 本体部/ターポリン
カラー ブラック/レッド/ブルー/グリーン
防災対策 防水、反射材・蓄光材あり

LA・PITA公式サイトは、最安値保証がありますので、リュック単品のみでも防災セットでも公式サイトからの購入がお得です。

会員登録で通常価格から(ポイント還元でなく)現金割引になりますよ。

公式サイト最安値保証(実質割引)でかなりお得です。

我が家が購入した防災セット「ラピタ プレミアム」

ラピタプレミアム全商品

我が家はこのリュックと中身がセットになった「ラピタ プレミアム」を購入しました。

防災トップメーカー「ラピタ」の最上位モデルで、リュックだけでなく中身も充実しているので、とても満足しています。

我が家が購入した防災セット「ラピタ プレミアム」レビューはこちらから。

ラピタプレミアムLA・PITAの最高におしゃれな防災セット「ラピタ プレミアム」のレビュー

SHELTER防災リュック(容量約35L)

SHELTERを背負っているところ

SHELTERリュックの仕様一覧

容量35L
SHELTERリュックメインポケット

十分すぎる容量で、ファスナーがかなり下の方まで開きますので、アイテムを詰めやすいです。

リュック単体でも500gなので軽いですよ。

光るリフレクター素材
SHELTERリュックリフレクター素材

反射するリフレクター素材が使われているので、停電時や夜間でも安心です。

私が背負ったところ
SHELTERを背負っているところ
母が背負ったところ
SHELTERリュックを背負う母横向き
母の背面
SHELTERリュックを背負う母背面

70代の母には重いので、緊急時以外は転がせるキャリー式リュックの「ものすごい防災セット プレミアム」(購入レビュー記事へ)をプレゼントしました。
クッション入りで柔らかいショルダーストラップ
SHELTERリュックショルダーストラップ
安定して動けるフロントストラップ
SHELTERリュックフロントストラップ
ポケットは5つ
SHELTERリュック前面ポケット
厚さのないものはここに
SHELTERリュック前面ポケット
レインコートなどはここに
SHELTERリュックのフロントポケットにレインコート
ペットボトルも入れられます
SHELTERリュックのポケットにペットボトルを入れているところ

SHELTERリュックの仕様一覧

サイズ H55cm×W31cm×D21cm
容量 約35L
カラー ブラック/レッド/ブルー/グリーン
防災対策 防水、止水ファスナー、反射材・蓄光材あり

リュック、防災セットいずれも最安値保証(現金割引)の公式サイトからのご購入がおすすめです。

公式サイト最安値保証(実質割引)でかなりお得です。

目次へ戻る

我が家が購入した防災セット「SHELTER」

SHELTERアイテム

リュック単品でも購入可能ですが、我が家では「SHELTER」の防災セットを購入しました。

11,000円(税別)で、個人的に「これを超えるコストパフォーマンスの防災セットはない」と思っています。

我が家も購入した防災セット「SHELTER」購入レビューはこちら。

SHELTER【防災セット「SHELTER」を買ったレビュー&口コミ】コスパ最強で一番おすすめ

OTE(On The Exit)

玄関にくっついて必ず持ち出せる
OTEを玄関に取り付け

「せっかく用意した防災セットを持ち出せなかった」ということが「ない」強みはこれがNo.1です。
厚さわずか10.5cm
OTEを玄関に取り付け(斜め)
33cm四方のミニマムサイズ
OTEを背負ったところ
防災バッグに見えないカッコよさ
OTE 外観(斜め)
一人暮らしの方、必要最小限のものしか持ち出さない方、ミニマリストの方に適した、カッコいい防災バッグです。
memo
避難時に大事な反射板がついていませんので、シール式のものを付けておくことをおすすめします。
サイズ 約H33cm×W33cm×D10.5cm
素材・材質 ポリエステル
カラー チャコールグレイ/チョコレートブラウン/サンドベージュ

「OTE(On The Exit) オリジナル防災バッグ」レビュー詳細はこちらから。

OTE防災バッグ【 OTE(On The Exit)防災バッグ 口コミレビュー】ドアにくっつく必要最小限のおしゃれな防災セット(ミヤビワークス)

非常持出袋(容量約15L)

非常持出袋を背負ったところ

おしゃれなターポリン(テント生地)使用の非常持出袋。

防炎・防水で、グッドデザイン賞受賞歴のあるリュックです。

背中に収まるサイズ
非常持出袋を背負ったところ

家族で1人1つリュックを背負うのであれば、この非常持出袋のサイズでも十分です。

非常持出袋の内側ポケット

お年寄りの方で「キャリーリュック」でない場合は、これくらいのコンパクトサイズの方が背負って避難しやすいですね。

サイズ W29cm×H45.5cm×D14cm
容量 約17L
素材・材質 防炎ターポリン
カラー ホワイト/マットブラック
製造国 日本
防災対策 防炎、防水、防汚、反射材・蓄光材あり
重量 690g

目次へ戻る

HIH ハザードバッグ(容量約10L)

HIHハザードバッグ外観

ボンサックタイプの防水バッグです。

どれくらい防水かというと、中に水を入れて、給水袋としても使えるレベル
HIHハザードバッグを背負っている背面

中に入れた空気も逃げにくいため、枕として使うこともできます。

HIHハザードバッグを枕にしたところ

色がビビッドなので目立ちますが、反射シールを貼っておくと万全です。

HIHハザードバッグを背負っている側面

ショルダーストラップにクッション材がなく、フロントストラップもありませんので、避難場所への距離が短い方や持ち出すものが少ない方におすすめです。

サイズ およそ直径19cm×高さ45cm
容量 約10L
カラー オレンジ
防災対策 防水

「HIH ハザードバッグ」は単品でも販売がありますが、防災グッズ入りでも5,000円程度と安価。

HIHハザードバッグ20の全アイテム

10,000円以上の防災セットと比べると、量・内容は劣りますが、コスパ十分なので防災セットとしての購入もおすすめです。

「HIH ハザードバッグ20」のレビュー詳細はこちらから。

HIHハザードバッグ20【HIHハザードバッグ20レビュー】ボンサックタイプの防水バッグで安価な防災セット

ラピタtote(トートバッグ)(容量約19L)

ラピタトートバッグ
出典:LA・PITA

サイズ 約H46cm(取っ手含まず:35cm)×W38cm×D15cm
容量 約35L
素材・材質 本体部/ターポリン
カラー ホワイト/ブラック
防災対策 防水、反射材・蓄光材あり

リュック、肩掛けバッグにもなる防災用トートバッグです。

これだけでは容量が少ないですが、リュック+トートで2つ持つ場合や、お子様用の防災リュックとして、また必要最小限しか持ち出さないという方にはこちらのトートバッグでもいいと思います。

両手を空かせるために、なるべくリュックとして背負うか、肩から掛けるようにして避難することをおすすめします。

最安値保証(現金割引)があるLA・PITA公式サイトからの購入がお得です。

目次へ戻る

すでに持っているリュックを防災リュックにするには

反射シート・反射テープを貼る

災害時の避難が夜間である可能性があり、ドライバーに人がいることを伝えるための反射材は必須です。

停電で信号が止まり、ドライバーも冷静さを欠いていますので、反射材なしは非常に危険です。

お持ちのリュックを防災リュックとして使いたいという場合には、反射シートを貼りましょう。

3Mの高輝度反射シートは、プリズムレンズ型で曲面にもなじむ反射シートです。子供の通学などにも使えます。必ず防災リュックに貼っておいてくださいね。

防水スプレー&リュック内にビニール袋を

通常のリュックは水を弾きませんので、雨天時の避難の場合、中に入れているものが全部濡れてしまいます。

豪雨災害やそれに伴う水害、台風など、水と災害は切っても切り離せません。

最低限の対策として、リュック外側には防水スプレーをして(大きな効果は見込めないかもしれませんが…)、リュックの中には大きなビニール袋(ゴミ袋でもいいと思います)をまず入れて、その中に必要なものを詰めていくことをおすすめします。

コニシ防水スプレーはナイロン以外に、皮にも使えますので、革靴やバッグなどにもスプレーできて便利ですよ。

目次へ戻る

防災リュックのおすすめまとめ

防災リュック選びのポイントは、「反射材」「疲れにくい」「防水」「容量」の4つです。

子供は小さめ、お母さんは普通、お父さんは大きめと家族で使い分けてもいいですね。

ご両親、女性には「ものすごい防災セット プレミアム」がおすすめ

ものすごい防災セットプレミアム

これの何がすごいかと言いますと、「背負う」「持つ」「転がす」の3つができるので、お年寄りの方にもやさしいんです。

我が家でも両親にプレゼントしました。
緊急時だけ背負う
母親がものすごい防災セットプレミアムを背負ってみた
緊急時以外は転がす
母親が実際にものすごい防災セットプレミアムを転がしているところ

この「ものすごい防災セット プレミアム」だけは、家族で1つ購入しておくことをおすすめします。

緊急時は背負う、落ち着いたら転がせるというのは、圧倒的にラクですし、中身のアイテムの充実具合もものすごい。

お子さん連れや高齢のご両親はもちろんですが、持ち出す荷物が多い場合、これでないと厳しいと思います。

memo
転がせるキャリータイプのリュックの「ものすごい防災セット プレミアム」は家族に1つほしいところですが、リュックの単品販売は行っていません。

リュック単品はありませんので、こればかりはセットでの購入をおすすめします。

子供は成長しますが、親はどうしても衰えていきますので、先々を考えても、ご両親には「ものすごい防災セット プレミアム」がいいですよ。

「ものすごい防災セット プレミアム」購入レビューはこちら。

ものすごい防災セットプレミアム【ものすごい防災セット プレミアム購入レビュー】高齢者、女性、赤ちゃん連れにおすすめのキャリーリュック
たくさんの防災セットを検証してまとめています。

防災セットレビューまとめはこちら。

タイプ別まとめおすすめ防災セット【タイプ別】おすすめ防災グッズ・セットのレビューまとめと比較【実物で検証】

目次へ戻る