防災グッズリスト一覧はこちら

グリコ ビスコ保存缶(5年3ヶ月保存)実食レビューと注意点

glicoビスコ保存缶実食レビュー

多くの方が一度は食べたことがあるグリコの「ビスコ」。

これは通常版ビスコ
通常のビスコパッケージ外観

今回は、ビスコの保存缶(5年3ヶ月保存)を実際に食べてレビューします。

ちょっと注意点もあります!

グリコ ビスコ保存缶(5年3ヶ月保存)のご紹介

パッケージ外観

右上に保存缶と書いています
ビスコ保存缶パッケージ外観

ビスコ保存缶の賞味期限は、製造後5年3ヶ月

流通で時間が経ちますので、手に入るのは「賞味期限がおよそ5年ぐらい残っている時」と思っておくのがよいと思います。
ビスコ保存缶の災害用伝言ダイヤル

災害時の非常食としての利用も想定されているため、災害用伝言ダイヤルが表示されています。

成分表示
ビスコ保存缶成分表示

ビスコ保存缶栄養成分

中身

ビスコ保存缶のプルトップ

缶切り不要のプルトップによるイージーオープンです。

ビスコ保存缶のプルトップを開けたところ

ビスコ5枚入りが6パック入っています。

2枚でクリームを挟んでいて、それが5つ入っているということですので、1パックでも結構食べごたえがあります。
ビスコ保存缶 ビスケット
この「ビスコ」としか言いようがない甘い香りは、懐かしさと安心感がありますね。

グリコ ビスコ保存缶と通常版ビスコの違い

ビスコ保存缶と通常のビスコ

結論から言いますと、ビスコ自体はまったく同じものです。
賞味期限
  • ビスコ保存缶…5年3ヶ月
  • 通常のビスコ…12ヶ月

保存缶は脱酸素剤が入っていて、缶入りのため、5年3ヶ月保存が可能になっています。

注意点

通常版ビスコ
通常ビスコはアルミ個包装

通常版ビスコは、アルミの個包装になっています。

そのため、12ヶ月保存が可能になっています。

当然、袋を開けたらすぐに食べてしまう必要があります。
ビスコ保存缶の袋には小さな穴が開いている
ビスコ保存缶の個包装の穴

一方、ビスコ保存缶は、アルミではなく、このようなプラ個包装です。

グリコの方に聞いた注意点

ビスコ保存缶の袋には小さい穴がいくつも開いています。

そのため、「缶を開けること=通常ビスコの小袋を開けること」なので、缶を開けたら保存性がなく、すぐに食べ切る必要があります。

つまり、保存缶のビスコの小袋は、ビスコが裸の状態と同じということですね。

味見をするために缶を開けたら、全部食べきらないといけなくなりますので、ご注意ください。

ビスコ保存缶を実際に食べてみた

ビスコ保存缶を実食

ビスコ保存缶も通常版ビスコも中身はまったく同じですので、いつものおいしいビスコです。

実は、前情報なしで同じものということを知らずに食べ比べたので、「香ばしさが少し違う気がする」とか意味不明な分析をしていたことだけお伝えしておきます。

まったく同じ味です。

子供も大好き
娘がグリコを実食

夕飯前に子供が食べたら、夕飯があまり食べられなくなる系のお菓子ですので、腹持ちとしても満足感のある、災害時に適したお菓子です。

甘すぎないおいしさなので、大人・お年寄りの方も備蓄に加えておきたいですね。

おすすめの非常食レビューをまとめています。

おすすめのおいしい非常食レビューはこちら。

おいしい非常食をレビューおすすめの非常食・保存食まとめ【実食口コミレビューあり】