【ANKER PowerCore 20000 Reduxレビュー】スマホを何度もフル充電可能な大容量モバイルバッテリー

Anker PowerCore 20000 Redux

モバイルバッテリーで最も有名なメーカーの一つ「ANKER」。

ANKERは福岡市や川崎市、川西市などの自治体と、災害時の電源等物資供給の協定を締結していて、行政にも信頼を置かれているメーカーです。(出典:ANKERの自治体連携
Anker PowerCore 20000 Redux

今回はANKERモバイルバッテリーの中でも、大容量20,000mAhの「ANKER PowerCore 20000 Redux」をレビューしていきます。

スマホ、タブレットはもちろん、ノートパソコンの充電にもおすすめですよ。

ANKER PowerCore 20000 Reduxのご紹介

Anker PowerCore 20000 Redux

充電可能回数の目安

デバイス バッテリー容量 充電可能回数
iPhone XS 2,658mAh 5回以上
iPhone 11Pro 3,046mAh 4回以上
Galaxy S9 3,000mAh 約5回
Galaxy S10 3,300mAh 4回以上
iPad Pro(2018、11インチ) 7,812mAh 約2回
多少の変換ロスがありますので、単純計算の数字よりも少なくなりますが、それでも緊急時に十分繰り返し充電できる回数です。

これくらい充電できれば「ひとまず安心」というレベルですよね。

Greadioラジオライトをモバイルバッテリーで充電

もちろん、このような「手回し充電ラジオライト」の充電も可能です。

機能・仕様

フルスピード充電
Anker PowerCore 20000 Reduxスマホ充電中

Anker独自技術の「PowerIQ」と「VoltageBoost」によりフルスピード充電が可能。

2台同時充電可能
Anker PowerCore 20000 ReduxUSBポート

USBポートが2つ付いていますので、家族で同時に「スマホ2台充電」や「スマホ+タブレット同時充電」が可能です。
低電流モード
Anker PowerCore 20000 Reduxランプ

USBポートの横にある電源ボタンを「長押し」もしくは「2回押す」と、ランプの一つが緑色になって低電流モードになります。

これにより、Bluetoothイヤホンやスマートウォッチなど小容量バッテリーのものを充電する際に、低電流でより安全に充電することができます。

Anker PowerCore 20000 Reduxの本体充電

モバイルバッテリー本体への充電はUSBで行います。

目次へ戻る

ANKER PowerCore 20000 Reduxのサイズ感

Anker PowerCore 20000 Reduxを手に持っているところ

サイズは、約166×65x厚さ25mm。

Anker PowerCore 20000 Reduxの手に持った厚さ

こちらは20,000mAhなので10,000mAhクラスに比べると大きいですが、バッグや防災リュックに入れるには十分コンパクトなサイズです。

Anker PowerCore 20000 Reduxの重さ

量ると、364g(公式では362g)、ちょうど缶ジュースくらいですね。

目次へ戻る

毎日持ち歩くなら、さらに薄く軽いモバイルバッテリー

我が家が持っているPhillips DLP6712N
フィリップス モバイルバッテリー DLP6712Nサイズ

我が家が持っている「Phillips DLP6712N」、こちらは10,000mAhですが、薄いので、防災ポーチに入れて毎日持ち歩くのに適しています。

Anker PowerCore 20000 Reduxと比較すると
Anker PowerCore 20000 ReduxとPhilips DLP6712Nを手に持ったサイズ比較

Anker PowerCore 20000 ReduxとPhilips DLP6712N厚さ比較

出先で災害に遭う場合には、家に帰るまでの間、バッテリーが持てばいいため、10,000mAhあれば十分だと考えています。

毎日持ち歩く防災ポーチには10,000mAhの「Philips DLP6712N」、持ち出し用の防災リュックには20,000mAhの「Anker PowerCore 20000 Redux」という使い分けもいいですよ。
Anker PowerCore 20000 ReduxとPhilips DLP6712N サイズ比較

おすすめの防災用モバイルバッテリーまとめはこちら。

防災用モバイルバッテリー・ポータブル電源【シーン別】防災用モバイルバッテリー・ポータブル電源レビューまとめ

目次へ戻る

ANKER PowerCore 20000 Reduxまとめ

Anker PowerCore 20000 Redux

モニターなどが有名なPhilipsのモバイルバッテリーも何の支障もなく毎日愛用していますが、ANKERの安心感は格別です。

我が家は「Philips DLP6712N」を2,500円程度、「ANKER PowerCore 20000 Redux」を5,000円程度で購入しましたが、バッテリー容量が2倍なので、実質価格差はありません。

サイズ、重さなども考慮して、ご自身がお使いになるシーンによって使い分けて、備えをされるといいですよ。

おすすめの防災用モバイルバッテリーまとめはこちら。

防災用モバイルバッテリー・ポータブル電源【シーン別】防災用モバイルバッテリー・ポータブル電源レビューまとめ

目次へ戻る